コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜷川虎三 にながわとらぞう

3件 の用語解説(蜷川虎三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蜷川虎三
にながわとらぞう

[生]1897.2.24. 東京
[没]1981.2.27. 京都
京都府知事。水産講習所京都大学を卒業。 1927年に京都大学助教授,39年同教授,統計学を講じた。 45年経済学部長,第2次世界大戦敗戦後戦争責任を唱え退官。 48年芦田内閣で新設の中小企業庁長官となる。 50年,中小企業の「3月危機説」を唱え吉田首相に罷免された。同年,革新勢力に推され京都府知事に当選。以来7選。在任 28年に及んだ。京都革新府政は全国革新自治体のさきがけであり,蜷川の強烈な個性と業績は,地方自治史に特筆されよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蜷川虎三 にながわ-とらぞう

1897-1981 昭和時代の経済学者,政治家。
明治30年2月24日生まれ。昭和14年母校京都帝大の教授。23年初代中小企業庁長官となるが,25年吉田茂首相と衝突して辞任。同年社会党公認で京都府知事に当選,以後連続7選。「憲法を暮らしの中に」をかかげ,教員の勤務評定反対,減反政策反対など独自の府政を推進した。昭和56年2月27日死去。84歳。東京出身。著作に「統計学研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蜷川虎三
にながわとらぞう
(1897―1981)

経済学者、京都府知事。東京・深川に生まれる。農商務省水産講習所卒業後、京都帝国大学経済学部入学。1927年(昭和2)京大助教授となり、ドイツ留学などを経て、統計学者として活躍。『統計利用に於(お)ける基本問題』で経済学博士。1942年教授、1945年経済学部長。1946年自らの戦争責任を反省し学部再建のために辞表提出。1948年初代中小企業庁長官となるが、1950年吉田茂首相と衝突し辞任。同年4月民主統一会議推薦・社会党公認で京都府知事に当選、以後連続7選。憲法擁護を基本に、中小企業の保護育成、稲作減反政策反対、教員の勤務評定不実施など独自の府政を行い、全国革新首長のかなめとして1978年引退まで京都府のみならず、戦後地方自治体に大きな影響を与えてきた。[小田部雄次]
『蜷川虎三著『洛陽に吼ゆ――蜷川虎三回想録』(1979・朝日新聞社) ▽細野武男・吉村康著『蜷川虎三の生涯』(1982・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

蜷川虎三の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者フィリピン革命新興市場燃料棒レジ袋有料化J3PISA合併特例法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蜷川虎三の関連情報