蟹江(町)(読み)かにえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟹江(町)
かにえ

愛知県西部、海部郡(あまぐん)にある町。町の30%が水域。福田川を挟んで名古屋市中川区に接し、干拓新田の海抜ゼロメートル地帯にある水郷の町。1889年(明治22)町制施行。1906年(明治39)西ノ森、須成(すなり)、新蟹江の3村と合併。JR関西本線、近畿日本鉄道名古屋線も通じ、道路は国道1号、東名阪自動車道(ひがしめいはんじどうしゃどう)(蟹江インターチェンジ)が走っている。中心地区の蟹江本町は中世の城下町で、近世は蟹江川の河口港として、また伊勢(いせ)湾舟運の拠点としてにぎわった。伊勢湾台風(1959)では長期間冠水し大きな被害を受けた。名古屋市に近く、交通至便なため工場、住宅が激増している。キク、カーネーションなどの花卉(かき)園芸が盛んで、特産は酒、みりん、線香。最近は温泉町としても知られ、尾張(おわり)温泉や富吉(とみよし)温泉がある。冨吉建速神社(とみよしたけはやじんじゃ)・八剱社(はっけんしゃ/やつるぎしゃ)の須成祭は津島天王祭とともに県下では御霊(ごりょう)信仰の祭礼として有名で、車楽船行事と神葭流しは国指定重要無形民俗文化財およびユネスコの無形文化遺産。同神社の両本殿はともに国指定重要文化財。鹿島神社の境内には、蟹江を訪れた文人たちの句碑が並ぶ文学苑がある。面積11.09平方キロメートル、人口3万7085(2015)。[伊藤郷平]
『『蟹江町史』(1973・蟹江町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android