コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政広報 ぎょうせいこうほう

2件 の用語解説(行政広報の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいこうほう【行政広報】

国や自治体行政機関がその施策の展開にあたって,国民の苦情,要望,意見等を〈聴く〉(インテリジェンスの吸上げ)とともに,施策の内容と実施方法を〈語る〉ことによって国民の理解と支持を得るために行うコミュニケーション活動。行政広報という言葉は,ひろくは,民意の吸収を表す〈広聴〉と,民意への語りかけ(情報提供)を表す〈広報〉の両活動を含意している。たとえば〈広報と広聴は車の両輪のごとし〉というように。 日本では,言葉としては,第2次大戦後アメリカ製のパブリック・リレーションズ(PR

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行政広報
ぎょうせいこうほう

行政体と市民相互の意思疎通の円滑化を図り、行政体に対する好意的イメージの獲得を目的とする政府活動。第二次世界大戦後、民主化政策の一環としてアメリカから日本に導入されたパブリック・リレーションズpublic relationsの訳語で、当初、「広」く「報(しら)」せるというニュアンスで受容された。近年、地方公共団体を中心に市民の要求を積極的に探り、それを政策形成に生かすと同時に、市民を行政に近づけるための諸施策(広報)がとられてきており、一方、行政情報の公開に対する市民の要求に応じて、その制度化が実現されつつある。しかし中央政府段階では、市民との関係は依然として垂直的で、一方的な意思伝達の傾向が強い。今後、「開かれた政府」実現のためにも、行政広報に課せられる役割は大きい。[中村紀一]
『井出嘉憲著『行政広報論』(1967・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

行政広報の関連キーワード官治行政教育行政行政機関行政庁総務庁官治箱物行政サービスニーズ消費者保護会議行政代執行

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行政広報の関連情報