コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政罰 ぎょうせいばつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政罰
ぎょうせいばつ

行政法上の義務違反に対し一般権力関係に基づき制裁として科せられる罰の総称刑事罰との区別については,行為の反道義性,反社会性が法規より先行しているかどうかを標準にする見解や,基本的生活秩序に違反しているか派生的生活秩序に違反しているかを標準にする見解があるが,いずれにしても両者の区別は相対的,流動的である。懲戒罰および執行罰と異なる。行政罰には,行政刑罰と行政上の秩序罰がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょうせい‐ばつ〔ギヤウセイ‐〕【行政罰】

行政法上の義務違反行為に対する制裁として私人に科せられる罰。刑法に定める刑罰を科す行政刑罰と、過料を科す秩序罰とがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいばつ【行政罰】

行政法規やそれに基づく行政行為によって課せられた義務の違反に対して,制裁として科せられる罰を行政罰といい,行政罰を科せられるべき義務違反を行政犯という。行政罰のうち,刑法に刑名のあるもの(懲役,罰金,科料等)を行政刑罰といい,過料という名称のものを行政上の秩序罰という。行政罰のうち,警察上の義務違反に対して科せられるものを警察罰,経済統制上の義務違反に対して科せられるものを統制罰,財政上の義務違反に対して科せられるものを財政罰という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうせいばつ【行政罰】

行政法上の義務違反に対して科される制裁。行政上の重大な義務違反として刑法に規定された刑が科される行政刑罰と、行政上の軽微な義務違反として過料が科される行政上の秩序罰に区別される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行政罰
ぎょうせいばつ

行政上の義務違反に対して科せられる制裁。過去の義務違反に対して科せられる制裁であり、間接的には義務者に、義務違反を犯し、または継続することのないよう心理的圧力を加える効果を有するが、行政強制のように義務の履行を直接に実現する手段ではない。刑法に刑名のある刑罰(懲役、禁錮、罰金、拘留、科料。刑法9条)を科す行政刑罰と、軽微な違反行為に対して過料という制裁を科す秩序罰とに大別される。なお、公務員に対する懲戒処分も行政罰といわれることがある。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

行政罰の関連キーワード独占禁止法国王罰令権強制執行効力規定加算税延滞税弾劾認可罰則許可

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行政罰の関連情報