行縢・行騰(読み)むかばき

大辞林 第三版の解説

むかばき【行縢・行騰】

〔「向か脛はぎ」にはく意〕
旅行や狩りなどの際に足をおおった布また革。型・丈・材質などは用途や時代によって異なる。平安末期から武士は狩猟・騎乗などの際には、腰から足先までの長さの鹿皮のものを着用。現在も流鏑馬やぶさめの装束に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android