コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝撃試験 しょうげきしけんimpact test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝撃試験
しょうげきしけん
impact test

衝撃力に対する材料の抵抗,すなわち靭性 (粘り強さ) や脆性 (もろさ) を判定する試験。機械や構造物の設計・製作上きわめて重要な低温脆性切欠き脆性,焼戻し脆性などを調べるのに欠かせない。試験片に加える荷重によって,衝撃引張り,衝撃圧縮,衝撃曲げ,衝撃ねじり,その他に分類されるが,工業的に使用されるのは,切欠きつき試験片に対する衝撃曲げ試験が主である (ダイカスト合金,鋳鉄では切欠き不要) 。この形の試験には,もっぱらシャルピー衝撃試験機とアイゾット衝撃試験機が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうげき‐しけん【衝撃試験】

金属材料試験の一。材料の粘り強さ・もろさを調べるためのもの。急速に衝撃を与えて試験材を壊し、破壊に要したエネルギーを測定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

衝撃試験【しょうげきしけん】

材料試験の一つ。試験片や材料に衝撃荷重を加え,破壊に要したエネルギー(材料が吸収するエネルギー)を測定する試験。吸収するエネルギーが大きいほど粘り強い。通常は切欠きのある試験片を,シャルピー衝撃試験機やアイゾット衝撃試験機に取り付け,試験機のハンマーの1回の衝撃で破壊する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衝撃試験
しょうげきしけん
impact test

材料に衝撃的に力が加わるときの抵抗、すなわち材料のねばり強さ(靭性(じんせい))、もろさ(脆性(ぜいせい))を判定するために行われる材料試験。力の加わり方により、引張り、圧縮、曲げ、ねじりの各衝撃試験がある。工業的に行われるのは衝撃曲げ試験で、シャルピーCharpy衝撃試験機やアイゾットIzod衝撃試験機が使用される。なお、アイゾット試験はアメリカやイギリスで主流となった時代もあったが、今日ではシャルピー試験のほうが主流である。シャルピー衝撃試験では、規定の切込みをつけた正方形断面の角棒試験片が用いられ、その両端を支持して切込みの背面からのハンマーの1回の打撃で切断する。衝撃値は試験片の切断に要したエネルギーから求められるが、切断の際の様相がきわめて複雑で、材料、温度、試験片の形や寸法の影響を大きく受けるため、材料固有の値とはいえない。しかし機械材料の衝撃力に対する抵抗は、低温や切欠きのために材料がもろくなる性質を知るうえでとくに重要であり、シャルピー試験機に衝撃力検出装置などをつけて、さらに多くの情報を得て機械部品の設計資料としようという試みがなされている。[林 邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の衝撃試験の言及

【材料試験】より

…機械,構造物などを合理的に設計するには,材料の性質をよく知っていることが必要であり,材料試験は工学のもっとも基礎的な部分をなしている。
[材料試験の種類]
 材料試験には,加える荷重の種類によって,引張試験,圧縮試験,曲げ試験,ねじり試験などの区別があり,また荷重の変動のしかたによって,荷重が十分ゆっくり加わる静的試験,繰返し荷重が加わる疲れ試験(疲労試験),衝撃荷重が加わる衝撃試験などの区別がある。さらに,これらの条件の種々の組合せが考えられるので,材料試験には非常に多くの種類があることになる。…

※「衝撃試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衝撃試験の関連キーワードシャルピー衝撃値監視試験片衝撃力金庫

衝撃試験の関連情報