コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被保険利益 ヒホケンリエキ

損害保険用語集の解説

被保険利益

ある物に偶然な事故が発生することにより、ある人が損害を被るおそれがある場合に、そのある人とある物との間にある利害関係をいいます。損害保険契約は損害に対し保険金を支払うことを目的としますから、その契約が有効に成立するためには、被保険利益の存在が前提となります。

出典|自動車保険・医療保険のソニー損保損害保険用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひほけんりえき【被保険利益 insurable interest】

保険事故が発生することにより,被保険者が経済上の損害を受けるおそれのある利益をいう。損害保険は損害の塡補(てんぽ)を目的としており,契約が有効に成立するためには被保険利益が存在しなければならない。商法ではこれを〈保険契約の目的〉と規定し,金銭に見積もりうる利益としている(商法630条)。したがって被保険利益は経済的利益でなければならず,精神的・感情的利益であってはならない。また被保険利益は,適法な利益でなければならず,さらに確定した利益あるいは確定しうべき利益でなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被保険利益
ひほけんりえき
insurable interest

損害保険制度はもともと、保険事故の発生によって生じた損害を填補(てんぽ)することを目的とするものである。損害がなかったのに保険金が支払われ、あるいは損害の額を超えて保険金が支払われるとすれば、保険事故が発生することよって被保険者は利得するから、保険は賭博(とばく)となり、また被保険者が保険金目当てに故意に保険事故を引き起こす危険も考えられる。そこで、損害保険契約が有効に成立するためには、損害を受けるおそれのある利益が存在しなければならないとされている。この利益を被保険利益という。被保険利益は積極的な利益(たとえば家屋の所有者の利益)でも、消極的な利益(たとえば家屋の賃借人の責任)でもよい。被保険利益はまた、金銭に評価できるものであって、保険金を支払うことが法令や公序良俗に違反しないものでなければならない。被保険利益を金銭に評価した額を保険価額という。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

被保険利益の関連キーワード第三者のためにする保険契約重複保険契約保険の用語船費保険共同保険重複保険現実全損分担契約

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被保険利益の関連情報