コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被害者補償 ひがいしゃほしょう

3件 の用語解説(被害者補償の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被害者補償
ひがいしゃほしょう

犯罪の犠牲となった被害者に対する公的救済方法の一つ。犯罪被害者補償ともいう。犯罪による被害者ないし家族が実際上,損害賠償を受けられず,悲惨な事態にあるのを救済するため,国が加害者に代わって損害を填補する制度。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがいしゃほしょう【被害者補償】

人の生命または身体を害する犯罪行為により,不慮の死を遂げた者の遺族または重い障害を受けた者に対し,国が給付金を支給する制度。〈犯罪被害給付制度〉ともいう。最近まで日本にはこのような制度がなかったが,従来の法制度の下では,通り魔的な殺人,傷害,爆弾事件等の被害者やその遺族に対する民事上の損害賠償による救済が,加害者の無資力や不明等により,ほとんど機能しておらず,労働災害自動車事故等の補償に比べて不均衡を生じていたこと,および刑事司法制度自体には被害者の救済につき格別の考慮をはらうところが乏しかったという事情があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひがいしゃほしょう【被害者補償】

被害者の被った損害を補塡ほてんすること。
犯罪行為によって死亡・重障害が生じた場合に、国が本人または遺族に一定の給付金を支給すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被害者補償の関連情報