コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁許留 さいきょどめ

4件 の用語解説(裁許留の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁許留
さいきょどめ

江戸幕府の評定所が編纂した同所の民事裁判の判決記録。元禄 15 (1702) ~慶応3 (1867) 年の判例を年代順に収めたもので全部で 45冊あったが,関東大震災 (1923) のときにすべて焼失した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいきょ‐どめ【裁許留】

江戸幕府評定所民事裁判記録。元禄15年(1702)から慶応3年(1867)にいたる判例を収録。原本は関東大震災で焼失し、現在は副本2冊が残るのみ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいきょどめ【裁許留】

江戸幕府評定所の民事判例集。1702‐1867年(元禄15‐慶応3)の判決を編年体に集録したもので,事項別分類等の整理編集はなされておらず,裁許状,裁許請証文のほか,相談書,吟味伺書などの関係書類も収載し,むしろ事件記録原簿的な性格のものといえる。原本(45冊)は1923年の関東大震災で焼失したが,副本が2冊現存するほか,《徳川禁令考後聚》および《徳川時代民事慣例集(司法資料)》に若干が引用されており,内容の一端をうかがうことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいきょどめ【裁許留】

江戸時代の民事判例集。四五冊。幕府評定所が1702年から1867年に至る期間の判例を編年体に編纂したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁許留の関連キーワード勘定奉行御仕置例類集出入筋鍵番目安方勘定衆国役掛二階堂慎叟御仕置裁許帳撰要類集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone