コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁許留 さいきょどめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁許留
さいきょどめ

江戸幕府の評定所が編纂した同所の民事裁判の判決記録。元禄 15 (1702) ~慶応3 (1867) 年の判例を年代順に収めたもので全部で 45冊あったが,関東大震災 (1923) のときにすべて焼失した。いまは京都大学に享保5 (1720) ~14年,東京大学に安永7 (78) ~天明2 (82) 年の分の副本各1冊が残り,ほかに逸文が『徳川禁令考後聚』にみえるだけである。評定所は天領と大名領とか,大名領と旗本領とか,支配者の異なる土地の人民相互の民事事件を審理する裁判所であったため,山林,原野,用水,漁場の入会 (いりあい) をめぐる争いの判例が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいきょどめ【裁許留】

江戸幕府評定所の民事判例集。1702‐1867年(元禄15‐慶応3)の判決を編年体に集録したもので,事項別分類等の整理編集はなされておらず,裁許状,裁許請証文のほか,相談書,吟味伺書などの関係書類も収載し,むしろ事件記録原簿的な性格のものといえる。原本(45冊)は1923年の関東大震災で焼失したが,副本が2冊現存するほか,《徳川禁令考後聚》および《徳川時代民事慣例集(司法資料)》に若干が引用されており,内容の一端をうかがうことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいきょどめ【裁許留】

江戸時代の民事判例集。四五冊。幕府評定所が1702年から1867年に至る期間の判例を編年体に編纂したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

裁許留の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android