コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棟割(り)長屋 ムネワリナガヤ

デジタル大辞泉の解説

むねわり‐ながや【棟割(り)長屋】

棟割りにして何世帯かが住めるようにした建物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棟割長屋
むねわりながや

棟に沿い背割りした長屋のこと。鎌倉・室町時代に諸国の大名が、京都で勤務する家臣の住居としたのに始まり、江戸時代、武家は「御(お)長屋」、町家が「割長屋」として発達した。路地裏の裏長屋は、間口9尺(約2.7メートル)、奥行2間(約3.6メートル)、広さ1坪半(約5平方メートル)の零細住宅で、壁は隣家と共用。一戸分の宅地に数十戸の借家を建て込む場合もあった。長屋の前の排水溝の蓋(ふた)が通路になり、突き当たりに共用の便所、井戸、ごみためが置かれた。共用便所は江戸で後架(こうか)、京坂では惣雪隠(そうせっちん)とよばれた。明治以後も都市への人口集中の結果、裏長屋形式は引き継がれ、最下層の都市住居として昭和になってからも残存した。便所を各戸の裏手へ突き出して取り付けたり、入口の土間に流しを設置し、押入れを普及させるなどの改良もみられたが、居住水準の劣悪な狭小住宅に変化はなかった。裏長屋での「井戸端会議」は情報交換の場として知られる。[佐々木日嘉里]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の棟割(り)長屋の言及

【裏店】より

…その形態は,個々の敷地内に1間幅ほどの路地をはさんで長屋が数棟建ち並び,その一画には住人共用の井戸,便所,ごみためが必ずまとまって配置されていた。長屋の1戸分は間口9尺,奥行き2間(俗に9尺2間の棟割長屋という)が標準で,内部は出入口のある路地側に台所を兼ねた土間があり,4畳半か6畳ほどの部屋が1部屋とれる程度の狭小なものであった。したがってこのような裏店が密集した地区の人口密度はかなり高かった。…

【長屋】より

…これが10~20戸集まって1棟になっていた。長屋の平面は部屋が一列に並ぶのが普通であるが,平面のまん中,長手方向に通る棟の下で分けて,2列の部屋にする〈棟割長屋(むねわりながや)〉も多かった。屋根は板葺きで材料も造りも悪かった。…

※「棟割(り)長屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

棟割(り)長屋の関連キーワード北山十八間戸関根正二裏長屋町家

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android