コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐斑病(ブルーグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

褐斑病(ブルーグラス)

進展すると多数の植物体の枯死を引き起こす糸状菌病。発生初期は楕円形から紡錘形の周辺部赤褐色の病斑が散発するが、病勢が進むと冠根部や根も侵し、株枯 れを引き起こす。結果として芝地の衰退を引き起こし、"Melting-out"となる。病原菌はヘルミントスポリウム菌の一種。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android