コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西国筋郡代 さいごくすじぐんだい

4件 の用語解説(西国筋郡代の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さいごくすじぐんだい【西国筋郡代】

江戸幕府の職名。九州の幕府領を管轄し、管内の租税の徴収・訴訟などをつかさどった。本陣は豊後ぶんご国日田ひたにあった。西国郡代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西国筋郡代【さいごくすじぐんだい】

江戸時代後期以降,九州の幕府直轄領を支配した職制。1767年豊後日田代官の揖斐(いび)政俊が,それまでの実績を評価されて郡代に昇格して成立。日田代官所がそのまま西国筋郡代所となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいごくすじぐんだい【西国筋郡代】

豊後国(大分県)日田に設置された江戸幕府地方職制の一つ。勘定奉行に属する旗本役。関東郡代美濃郡代飛驒郡代とともに幕府の4郡代という。豊臣秀吉太閤蔵入地を継承して成立した天領日田は,大名預所,譜代藩領を経て,1639年(寛永16)代官支配地となり,日田代官が設置された。ところが幕府の享保改革の後半,日田代官となった岡田俊惟(としただ)以来の年貢増徴策が認められ,日田代官は揖斐政俊の1767年(明和4)郡代に昇格した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西国筋郡代
さいごくすじぐんだい

江戸時代、九州地方の幕府直轄領を支配した役職。日田(ひた)代官が格上げになったもので、1767年(明和4)揖斐(いび)十太夫政俊が任命されたのに始まり、郡代としては関東、美濃(みの)に次いで3番目に設置された。西国筋郡代は勘定奉行(かんじょうぶぎょう)の配下に属し、陣屋は豊後国(ぶんごのくに)日田郡豆田(まめだ)町(大分県日田市)に置かれ、永山布政所と称された。西国筋郡代の支配領域は、1776年(安永5)揖斐富次郎(ゆきとし)のとき、豊後、豊前(ぶぜん)、肥前(ひぜん)、肥後(ひご)、日向(ひゅうが)の5か国15郡にまたがり、石高(こくだか)にして15万石弱であった。これに兼帯支配の天草(あまくさ)を加えると17万1000石余に上った。この後、支配領域は変動したが、1838年(天保9)寺西蔵太元栄のとき、豊後、豊前、日向3か国11万7000石余であった。歴代の郡代では、土木工事・新田開発などで著名な塩谷大四郎正義(しおのやだいしろうまさよし)(1817~35在任)、最後の郡代窪田治部右衛門鎮勝(くぼたじぶえもんしげかつ)(1864~68在任)などがいる。[豊田寛三]
『杉本勲編『九州天領の研究』(1976・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西国筋郡代の言及

【日田[市]】より

…代官は,18世紀初頭までは大分郡高松(現,大分市)との交代在勤がとられたが,1724年(享保9)以降は日田在陣が常となった。67年(明和4)揖斐十太夫が西国筋郡代に任じられて以降,郡代在陣地として九州幕領支配の一中心となった。 隈・豆田両町は,筑後川舟運により北部や西部一帯と交通路が開けたため仲介商業が発展し,豪商が形成された。…

【豊後国】より

… 幕府領も日田,玖珠郡を中心に海部,大分,直入,速見,国東の各郡に分布している。幕府領は,一時期大名領などに編入されたが,17世紀の間は,日田と大分郡高田に置かれた代官所(陣屋)が支配し,18世紀初めからは日田代官所(のち西国筋郡代役所に格上げ,永山布政所)支配となっている(一部大名預りもある)。こうした諸藩領支配の複雑さから豊後国の近世政治支配の特徴を〈小藩分立〉〈犬牙錯綜〉と称される。…

※「西国筋郡代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西国筋郡代の関連キーワード奥詰日田翻訳方年金特別会計いいちこ日田全麹千年の梅千年の柚子豊後街道穴井六郎右衛門毛利高政

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西国筋郡代の関連情報