コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東郡代 かんとうぐんだい

6件 の用語解説(関東郡代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東郡代
かんとうぐんだい

江戸幕府の職名。初めは代官頭,慶応2 (1866) 年には関東在方掛といった。関東地方の幕府領を支配するもので,天正 18 (1590) 年徳川家康の関東入封に際して伊奈忠次を任じたのに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんとう‐ぐんだい〔クワントウ‐〕【関東郡代】

江戸幕府の職名。関東の幕府直轄領を支配した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

関東郡代【かんとうぐんだい】

江戸幕府の地方行政官の職名。関東地方幕府直轄領の支配(訴訟・民政・年貢徴収)に当たる。1590年徳川家康の関東入国の折には,代官頭伊奈忠次(いなただつぐ)が領国の地方(じかた)支配を任せられた。
→関連項目板倉勝重岩鼻関東総奉行栗橋関郡代西国筋郡代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうぐんだい【関東郡代】

江戸幕府の地方行政官の職名。代官頭伊奈忠次の系譜を引く伊奈氏が世襲で郡代職を継いだが,江戸後期に勘定奉行の兼任後,一時,廃止されたが再置,幕末に関東在方掛と改称された。徳川氏の関東入国後,代官頭伊奈忠次が100万石を支配したが,その子忠政の弟忠治が引き続き地方(じかた)支配した。1642年(寛永19)に幕府は忠治に対し関東代官の統轄と河川の改修,築堤の専管を命じ,これによって関東郡代が事実上成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんとうぐんだい【関東郡代】

江戸幕府の職名。関東の幕府領を支配した郡代。徳川家康の関東入部から1792年まで伊奈氏が世襲。のち勘定奉行が兼職。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東郡代
かんとうぐんだい

江戸幕府の職名。関東の幕府直轄領の民政を担当した地方官。1590年(天正18)徳川氏の関東入国後、代官頭(がしら)伊奈忠次(いなただつぐ)の系譜を引く伊奈家の世襲となった。1642年(寛永19)忠次の次男忠治(ただはる)のとき関東代官を統括し、河川の改修や築堤の専管を命ぜられ、事実上、関東郡代が成立した。1653年(承応2)忠克(ただかつ)のとき知行(ちぎょう)地3900石に固定。元禄(げんろく)期(1688~1704)に代官頭から関東郡代と正式に称するようになり、25万石を支配、江戸馬喰(ばくろう)町に郡代屋敷があった。勘定奉行(ぶぎょう)支配であるが、1733年(享保18)忠逵(ただみち)のとき老中支配、勘定吟味役の上首となる。忠宥(ただおき)は勘定奉行を兼任。家臣は年寄衆、番頭、勘定頭、目付役などがあった。1792年(寛政4)忠尊(ただたか)のとき家事不行届の理由で罷免される。そのため勘定奉行久世広民(くぜひろたみ)、ついで中川忠英(ただてる)が郡代を兼務し、5人の郡代付代官により支配する。1806年(文化3)郡代制を廃止したが、64年(元治1)復活、郡代3名を任命し、67年(慶応3)には関東在方掛(ざいかたがかり)と改称した。[村上 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関東郡代の言及

【江戸幕府】より

…大目付は使番(巡見使や国目付はこの役の者から任命された)とともに,将軍本営の命令を出先の部隊に伝え,かつその実施を監察するのがその本来の機能であり,それが平時の行政上の伝達系統に転用されたのである。 幕府直轄地の支配はそれぞれの奉行や代官が行ったが,近畿地方では所司代を中心とした国奉行が,また一部の大名領を除く関東では関東郡代が公家領や旗本領をも含めた広域的支配を行った。このほかに公家,僧侶,神官,寺社領の人民,職人,えた,非人などに対してそれぞれの身分に応じた別系統の支配が行われた。…

【飛驒郡代】より

…1692年(元禄5)幕府は高山藩主金森氏を出羽上山に移封し,豊富な山林・鉱山資源を有する飛驒一国を直轄化して,高山に陣屋を置き代官支配を開始した。初代から3代までの代官は関東郡代伊奈氏が兼任,4代森山実道から専任となる。7代長谷川忠崇の1738年(元文3)以降,常時高山に在陣となった。…

※「関東郡代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関東郡代の関連キーワード京都代官番方役方表右筆御殿番武具奉行地方行政官地方行政官庁伊奈忠政代官頭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関東郡代の関連情報