コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西桂[町] にしかつら

百科事典マイペディアの解説

西桂[町]【にしかつら】

山梨県中東部,南都留(みなみつる)郡の町。富士急行が通じる。桂川上流域を占め,大部分山地。古くから甲斐絹(かいき)の産地で,現在は人絹・化繊織物を産するほか自動車部品などの工場もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしかつら【西桂[町]】

山梨県南東部,富士山北麓に位置する南都留(みなみつる)郡の町。人口4855(1995)。中央部を貫流する桂川沿いに集落が発達し,富士急行電鉄,国道139号線が通じる。郡内地方の一角を占め,古くから桂川の水を利用し,農家の副業としての甲斐絹(かいき)の生産がこの町の主要産業となってきた。現在もおもに夜具地,座布団地,ネクタイなどを生産する。北西部に三ッ峠山がある。【萩原 毅】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

西桂[町]の関連キーワード桂川(山梨)