コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乃木神社 のぎじんじゃ

世界大百科事典 第2版の解説

のぎじんじゃ【乃木神社】

陸軍大将乃木希典(まれすけ)をまつる神社で,各地にある。乃木大将は,明治天皇大葬の1912年9月13日の夜,夫人静子とともに殉死した。各地に追悼の運動がおこり,東京都港区赤坂の乃木邸(府社),栃木県那須郡の別荘(県社),山口県下関市の生地(県社),京都市伏見区の桃山御陵近く(府社),さらに北海道函館市にも乃木神社が創建され,護国の神,武人の鑑として崇敬された。いずれも夫人を併祀し,例祭日は9月13日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

のぎじんじゃ【乃木神社】

東京都港区赤坂にある旧府社。祭神は乃木希典ならびに夫人静子。社地は旧乃木邸跡。1923年(大正12)創建。
京都市伏見区桃山にある旧府社。祭神は乃木希典。境内に夫人静子を祀まつる静魂神社がある。1916年(大正5)創建。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乃木神社
のぎじんじゃ

東京都港区赤坂に鎮座。祭神は乃木希典命(のぎまれすけのみこと)。相殿(あいどの)に乃木静子命(のぎしずこのみこと)を祀(まつ)る。旧府社。日露戦争の英雄・陸軍大将乃木希典は、1912年(大正1)明治天皇御大葬当日、静子夫人とともに自宅で自刃した。13年東京市長の阪谷芳郎は中央乃木会を結成、23年乃木邸の隣地に社殿が創建された。山口県(乃木の郷里)、栃木県、京都府、北海道にも乃木神社がある。例祭は命日の9月13日。宝物の太刀(たち)は国の重要文化財。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

乃木神社の関連キーワード山口県下関市長府宮の内町栃木県那須塩原市石林赤坂(東京都)大江 宏港(区)千家国麿西那須野乃木坂大江宏大正

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乃木神社の関連情報