コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乃木神社 のぎじんじゃ

4件 の用語解説(乃木神社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乃木神社
のぎじんじゃ

東京都港区赤坂に鎮座する元府社。乃木希典を主神とし,夫人静子を配祀する。例祭9月 13日。京都市伏見区,栃木県那須塩原市山口県下関市香川県善通寺市北海道函館市にもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のぎじんじゃ【乃木神社】

陸軍大将乃木希典(まれすけ)をまつる神社で,各地にある。乃木大将は,明治天皇大葬の1912年9月13日の夜,夫人静子とともに殉死した。各地に追悼の運動がおこり,東京都港区赤坂の乃木邸(府社),栃木県那須郡の別荘(県社),山口県下関市の生地(県社),京都市伏見区の桃山御陵近く(府社),さらに北海道函館市にも乃木神社が創建され,護国の神,武人の鑑として崇敬された。いずれも夫人を併祀し,例祭日は9月13日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のぎじんじゃ【乃木神社】

東京都港区赤坂にある旧府社。祭神は乃木希典ならびに夫人静子。社地は旧乃木邸跡。1923年(大正12)創建。
京都市伏見区桃山にある旧府社。祭神は乃木希典。境内に夫人静子を祀まつる静魂神社がある。1916年(大正5)創建。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乃木神社
のぎじんじゃ

東京都港区赤坂に鎮座。祭神は乃木希典(のぎまれすけのみこと)。相殿(あいどの)に乃木静子命(のぎしずこのみこと)を祀(まつ)る。旧府社。日露戦争の英雄・陸軍大将乃木希典は、1912年(大正1)明治天皇御大葬当日、静子夫人とともに自宅で自刃した。13年東京市長の阪谷芳郎は中央乃木会を結成、23年乃木邸の隣地に社殿が創建された。山口県(乃木の郷里)、栃木県、京都府、北海道にも乃木神社がある。例祭は命日の9月13日。宝物の太刀(たち)は国の重要文化財。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乃木神社の関連キーワード乃木静子玉木正之栃木県那須塩原市石林河村正彦塚田清一津野田是重乃木勝典乃木保典松木直亮國稀

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乃木神社の関連情報