コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放つ ハナツ

デジタル大辞泉の解説

はな・つ【放つ】

[動タ五(四)]
閉じ込められたり束縛されたりしていたものを自由に動けるようにしてやる。「リスを公園に―・つ」「小鳥を籠から―・つ」
矢・弾丸などをうち出す。勢いをつけてある方向に飛ばす。発射する。「ホームランを―・つ」「質問の矢を―・つ」
外に向かって、光・匂い・声などを出す。また、世の中に発表する。発する。「悪臭を―・つ」「街頭で第一声を―・つ」「巨匠が―・つ話題作」「光彩を―・つ」
ある任務を引き受けた者を送り込む。使いとして行かせる。遣わす。「密偵を―・つ」
(「火をはなつ」の形で)火をつける。放火する。「家に火を―・つ」
(「目をはなつ」の形で)
㋐視線を遠くの方へ向ける。遠くを見る。
「目を―・って見渡すと」〈二葉亭平凡
㋑視線を別の方へ向ける。
「目も―・たず燃えさかる家を眺めて居る」〈芥川・奉教人の死〉
切って壊す。くずす。
「(田ノ)畔(あ)を―・つ」〈神代紀〉
手元から遠ざける。はなす。
「御衣(おんぞ)はまことに身を―・たず、傍らに置き給へり」〈・須磨〉
手ばなす。人手に渡す。
「この宮の木立を心につけて、―・ち給はせてむや」〈・蓬生〉
10 追放する。
㋐遠方の地へ追いやる。流刑にする。
「遠く―・ちつかはすべき定めなども侍るなるは」〈・須磨〉
㋑役をやめさせる。解任する。
「北面を―・たれにけり」〈徒然・九四〉
11 とり除く。とり払う。
「うるさき心をいかで言ひ―・つわざもがなと思ひ給へる」〈・宿木〉
12 除外する。差しおく。
「明石の君を―・ちては、いづれもみな棄てがたき御弟子どもなれば」〈・若菜下〉
13 戸・障子などを大きく開ける。開けはなつ。
「皆人も起きて、格子―・ちなどすれば」〈かげろふ・下〉
14 刀などを勢いよく一気に抜く。抜きはなつ。
「降魔の利剣を―・ち」〈伎・幼稚子敵討〉
[可能]はなてる
[下接句]異彩を放つ市(いち)に虎(とら)を放つ精彩を放つ千里の野に虎を放つ火を放つ光を放つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はがつ【放つ】

( 動四 )
無理にひきはなす。

はなつ【放つ】

( 動五[四] )
つながれたりとじこめられたりしていた動物を自由にする。解きはなつ。はなす。 「鳥を籠かごから-・つ」 「この野に虫ども-・たせ給ひて/源氏 鈴虫
使命をおびた人を送り出す。 「刺客を-・つ」 「スパイを-・つ」
それ自体が光・音・匂いなどを発する。出す。 「強い光を-・つ物体」 「悪臭を-・つごみ箱」 「声を-・って泣く」
矢や弾丸を発射する。 「矢を-・つ」
(「火を放つ」の形で)放火する。火をつける。 「城に火を-・つ」 「野原に火を-・って草を焼く」
視線を別の方向へ向ける。目を離す。 「然れども彼は猶目を-・たず/金色夜叉 紅葉
自分の手もとに置くのをやめる。遠くへやる。手放す。 「御衣はまことに身-・たず、かたはらに置い給へり/源氏 須磨」 「(姫君ヲ)-・ち聞えむことは、なほいとあはれにおぼゆれど/源氏 薄雲
人を、当人の意志に反して、遠くの土地へ行かせる。
遠くへやる。 「俊蔭は烈しき波風におぼほれ、知らぬ国に-・たれしかど/源氏 絵合
追放する。 「おほやけに罪せられ給ひて筑紫へ-・たれおはせしに/浜松中納言 3
職務から追いやる。解任する。 「幕府は瓦解して世襲の扶持に-・たれ/腕くらべ 荷風」 「北面を-・たれにけり/徒然 94
ある人との関係を疎遠にする。 「なほ近くてを。な-・ち給ひそ/源氏 夕霧
壊す。くずす。 「畔を-・つ/日本書紀 神代上訓注
戸を開け放す。 「格子-・ちなどすれば/蜻蛉
除外する。別にする。 「小侍従と弁と-・ちて、また知る人侍らじ/源氏 橋姫」 〔「離れる」に対する他動詞〕
[可能] はなてる
[慣用] 異彩を- ・ 虎を千里の野に- ・ 光を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放つの関連キーワードlay up shootloop shootピッチングマシン交閃灯・交閃燈二十一センチ波ロングシュートデストリオ効果ボレーシュート市に虎を放つCPUファンマルチヒット叱声・叱声先制パンチと胸を衝く火を掛ける固め打ち射掛ける眉間白毫透かし屁化学発光

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放つの関連情報