放す(読み)ハナス

デジタル大辞泉の解説

はな・す【放す】

[動サ五(四)]《「離す」と同語源》
捕らえられたりつながれたりしている動物などを自由にしてやる。「魚を川に―・す」「猟犬を―・す」
握ったりつかんだりしていたのをやめる。「母の手を―・す」「ハンドルから手を―・す」
手元から遠くにやる。手放す。「刀を―・したことがない」
矢や弾丸を発射する。はなつ。
「近くで―・しただけに狙いも狂わず」〈円朝真景累ヶ淵
料理で、水や汁などに入れて散らす。「ナスを水に―・してあくを抜く」
(他の動詞の連用形に付いて)
㋐あることをしたままほうっておく。「見―・す」
㋑ある状態を続ける。前に促音が挿入されて「ぱなす」の形をとることが多い。「勝ちっ―・す」
[可能]はなせる

ほか・す【放す】

[動サ五(四)]《「ほうか(放下)す」の音変化か》ほうりすてる。うちすてる。
「画稿(したえ)を掻集めて、長椅子の上へ―・して」〈二葉亭訳・片恋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなす【放す】

( 動五[四] )
〔「放つ」の転。「離す」と同源〕
つないだりとじこめたりしていた人や動物を自由にする。 「犬を-・す」 「捕虜を-・す」
つかんでいたのを、やめる。 「握ったら-・さない」
水などに散らすように入れる。 「ナスを水に-・す」
銃などを発射する。 「鉄砲ヲ-・ス/日葡」 「矢ヲ-・ス/日葡」
[可能] はなせる
[表記] はなす(放・離)
「放す」は“つかむのをやめる。自由にする”の意。「ハンドルから手を放す」「犬を放す」「捕虜を放す」  「離す」は“分離する。間隔を作る”の意。「住所と氏名を離して書く」「肌身離さず持っている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放すの関連情報