コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放す ハナス

デジタル大辞泉の解説

はな・す【放す】

[動サ五(四)]《「離す」と同語源》
捕らえられたりつながれたりしている動物などを自由にしてやる。「魚を川に―・す」「猟犬を―・す」
握ったりつかんだりしていたのをやめる。「母の手を―・す」「ハンドルから手を―・す」
手元から遠くにやる。手放す。「刀を―・したことがない」
矢や弾丸を発射する。はなつ。
「近くで―・しただけに狙いも狂わず」〈円朝真景累ヶ淵
料理で、水や汁などに入れて散らす。「ナスを水に―・してあくを抜く」
(他の動詞の連用形に付いて)
㋐あることをしたままほうっておく。「見―・す」
㋑ある状態を続ける。前に促音が挿入されて「ぱなす」の形をとることが多い。「勝ちっ―・す」
[可能]はなせる

ほか・す【放す】

[動サ五(四)]《「ほうか(放下)す」の音変化か》ほうりすてる。うちすてる。
「画稿(したえ)を掻集めて、長椅子の上へ―・して」〈二葉亭訳・片恋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなす【放す】

( 動五[四] )
〔「放つ」の転。「離す」と同源〕
つないだりとじこめたりしていた人や動物を自由にする。 「犬を-・す」 「捕虜を-・す」
つかんでいたのを、やめる。 「握ったら-・さない」
水などに散らすように入れる。 「ナスを水に-・す」
銃などを発射する。 「鉄砲ヲ-・ス/日葡」 「矢ヲ-・ス/日葡」
[可能] はなせる
[表記] はなす(放・離)
「放す」は“つかむのをやめる。自由にする”の意。「ハンドルから手を放す」「犬を放す」「捕虜を放す」  「離す」は“分離する。間隔を作る”の意。「住所と氏名を離して書く」「肌身離さず持っている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放すの関連キーワードサスティーンペダル [sustain pedal]ジャスティン デービス抜き放つ・抜放つ気多の鵜祭の習俗サイクルサッカータッチラグビースケープゴート放し亀・放ち亀ロボットアーム市に虎を放つハワイガン蜜柑小実蠅しがみ付くビーグル寄り切り動作研究四つ晴れ押っ放す藤原清廉リリース

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放すの関連情報