コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷地 やち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷地
やち

山形県,山形盆地の西部,河北町の中心集落。旧町名。寒河江川扇状地の北部にあり,最上川の船着場として栄え,ベニバナや米の取引が盛んであった。かつては全国一の草履表の集散地であり,現在ではスリッパの製造が地場産業となっている。

谷地
やち

沢,湿原などの湿地に対する呼称。多くは地下水面が高く,排水が悪い状態の場合に生じる。高水位時に河川が氾濫して冠水する谷底平野や河川の後背湿地,2つの海岸砂丘の間の低地なども湿地を形成しやすい。湖が時間の経過とともに,周辺からの運搬物の堆積で浅くなり,湖の終末状態となった湿原も存在する。高冷地では,湿地中に泥炭が堆積する場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やち【谷地/谷/野地】

やつ(谷)」に同じ。
「そのかみは―なりけらし小夜碪(きぬた)/公羽」〈続猿蓑

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

谷地【やち】

〈やつ〉〈やと〉とも。関東,東北地方で低湿地のことをいう。台地,丘陵が浸食されてできた谷底の低湿地,砂丘間の低湿地など。泥炭地をさすこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷地
やち

山形県中央部、西村山郡河北(かほく)町の中心地区。旧谷地町。室町時代の白鳥(しらとり)氏の城下町起源の在町で、江戸時代以降は最上(もがみ)川の河岸として栄え、紅花(べにばな)や草履表(ぞうりおもて)などの生産とその集散地であった。国道287号が通じ、347号を分岐する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷地の関連情報