コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷地 やち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷地
やち

山形県,山形盆地西部河北町の中心集落。旧町名。寒河江川扇状地の北部にあり,最上川の船着場として栄え,ベニバナや米の取引が盛んであった。かつては全国一の草履表の集散地であり,現在ではスリッパの製造が地場産業となっている。

谷地
やち

沢,湿原などの湿地に対する呼称。多くは地下水面が高く,排水が悪い状態の場合に生じる。高水位時に河川が氾濫して冠水する谷底平野や河川の後背湿地,2つの海岸砂丘の間の低地なども湿地を形成しやすい。湖が時間の経過とともに,周辺からの運搬物の堆積で浅くなり,湖の終末状態となった湿原も存在する。高冷地では,湿地中に泥炭が堆積する場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やち【谷地/谷/野地】

やつ(谷)」に同じ。
「そのかみは―なりけらし小夜碪(きぬた)/公羽」〈続猿蓑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

谷地【やち】

〈やつ〉〈やと〉とも。関東,東北地方で低湿地のことをいう。台地,丘陵が浸食されてできた底の低湿地,砂丘間の低湿地など。泥炭地をさすこともある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷地
やち

山形県中央部、西村山郡河北(かほく)町の中心地区。旧谷地町。室町時代の白鳥(しらとり)氏の城下町起源の在町で、江戸時代以降は最上(もがみ)川の河岸として栄え、紅花(べにばな)や草履表(ぞうりおもて)などの生産とその集散地であった。国道287号が通じ、347号を分岐する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

谷地の関連キーワード庄内町内藤秀因水彩画記念館山形県西村山郡河北町谷地宮城県栗原市栗駒沼倉禁酒で建てた河合谷小山形県西村山郡河北町青森県八戸市市川町岩手県岩手郡滝沢村秋田県大館市釈迦内ぴー夏がいっぱい高知県土佐市谷地滝山都立自然公園十和田湖[町]松田 月嶺豊平[町]谷地八幡宮竹屋美紀子名和三幹竹紅花資料館猪苗代盆地河北[町]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷地の関連情報