豊後国分寺跡(読み)ぶんごこくぶんじあと

国指定史跡ガイドの解説

ぶんごこくぶんじあと【豊後国分寺跡】


大分県大分市国分にある寺院跡。大分平野の西南、大分川が形成した河岸段丘上に所在する。741年(天平13)の聖武天皇の詔勅(しょうちょく)によって全国に造られた国分寺の一つで、東西183m、南北300mに及ぶ南北に細長い寺域に、中門、金堂、講堂、食堂が南から北に並び、金堂の南西に七重塔が位置する伽藍(がらん)を有していたと推定。1933年(昭和8)に国の史跡に指定された。現在も天台宗の国分寺があり、観音堂がある場所に塔の基壇が、薬師堂がある場所では金堂跡が発見されている。塔は七重塔で、基壇は1辺18mあり、高さは60mを超える巨大な塔であったと考えられ、全国に64ある国分寺の塔としては最大級の規模。金堂は南面し、正面7間、奥行き4間であったと推定されている。出土遺物は大半が瓦類で、軒丸瓦(のきまるがわら)7種、軒平瓦4種と多様である。現在、講堂跡と食堂跡は基壇が整備されて豊後国分寺跡史跡公園になっており、隣接地に建設された大分市歴史資料館には七重塔の復元模型や出土品などを展示。JR久大本線豊後国分駅から徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android