豊頃[町](読み)とよころ

百科事典マイペディアの解説

豊頃[町]【とよころ】

北海道中川郡の町。十勝川下流部と右岸の丘陵地を占め,南東は太平洋に面する。根室本線が通じる。乳牛の飼育などの酪農,畑作を行う。十勝川河口に近い大津は十勝開拓の門戸で,鉄道開通まで雑穀,豆類の移出港として栄えた。536.71km2。3394人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよころ【豊頃[町]】

北海道南東部,十勝支庁中川郡の町。人口4519(1995)。地名はアイヌ語の〈トエ・コロ〉(大きなフキのある地)に由来する。十勝川下流域にあり,大半は標高200~300mの丘陵地である。十勝川の最下流部で分流する大津川の河口にある大津は,1825年(文政8)に漁場が開かれた地で,63年(文久3)には初めて和人が定住,81年には最初の入植者があり,以後,十勝平野開拓の門戸として栄えた。93年に帯広へ向かう大津街道ができ,根室本線が内陸に通じてからは中心は交通至便の茂岩に移った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android