コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴族政[古代ギリシア] きぞくせい[こだいギリシア]aristocracy of ancient Greece

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貴族政[古代ギリシア]
きぞくせい[こだいギリシア]
aristocracy of ancient Greece

主権が貴族に属していた古代ギリシアの政治形態。その由来が王と同じく神にいたると主張して,ポリスの支配階級を形成していた貴族は,土地と家畜の所有者であり,おもに都市に住み,門地と富においてまさり,武勇にぬきんでていた。彼らは騎士階級を構成し,貴族の不文律と古い社会的・宗教的共同体 (フュレ〈部族〉,フラトリア〈兄弟団〉,ゲノス〈氏族〉) とによって結びついていた。その国家支配は評議会を通して行われ,長い間その権威は維持された。前8世紀以後,戦術の変化によって軍事力の主体が騎士から重装歩兵 (ホプリタイ ) に移り,商工業の発展により貴族以外の人々も富を得るようになると,貴族と同等の政治権力をもつ者も現れ,貴族政から寡頭制へと転換していった。しかし,貴族の道徳的規範と政治理念とは長い間ポリスを導いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android