コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢江祥啓 けんこうしょうけい

3件 の用語解説(賢江祥啓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賢江祥啓
けんこうしょうけい

室町時代後期の画僧。建長寺の書記の役についたので啓書記と呼ぶ。祥啓が芸阿弥から与えられた『観瀑図』 (根津美術館) の横川景三 (おうせんけいさん) の賛文によると,文明 10 (1478) 年上洛して3年間芸阿弥に画技を学び,さらに将軍家所蔵の中国画からも学んだことが知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

賢江祥啓【けんこうしょうけい】

室町中期の画僧。生没年不詳。相模の出身で,号は貧楽斎。建長寺の書記で通称啓書記。1478年上京して芸阿弥に師事,3年間画法を学んで鎌倉へ帰った。その後も上京し,南宋院体画の構成にならった水墨の山水画を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢江祥啓 けんこう-しょうけい

?-? 室町-戦国時代の画僧。
鎌倉建長寺の書記をつとめる。文明10年(1478)から京都の芸阿弥(げいあみ)にまなび,さらに中国の宋元画を研究,鎌倉水墨画を代表するひとりとなった。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は啓書記。別号に貧楽斎。代表作に「山水図」「達磨(だるま)図」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の賢江祥啓の言及

【芸阿弥】より

…号を学叟といい,三阿弥の中では比較的短命であったが,当時の記録では画事に関するものが多く,国工,国手として登場している。1480年(文明12)画事習得のため上洛していた鎌倉建長寺の賢江祥啓(けんこうしようけい)(啓書記,生没年不詳)に与えた《観瀑図》(根津美術館)が現存する。それには京都五山の月翁周鏡ら三禅僧の著賛があり,〈学叟真芸五十歳〉の款記と〈学叟〉朱文鼎印をもつ,芸阿弥のほとんど唯一の確実な遺品である。…

※「賢江祥啓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賢江祥啓の関連情報