コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢江祥啓 けんこうしょうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賢江祥啓
けんこうしょうけい

室町時代後期の画僧建長寺の書記の役についたので啓書記と呼ぶ。祥啓芸阿弥から与えられた『観瀑図』 (根津美術館) の横川景三 (おうせんけいさん) の賛文によると,文明 10 (1478) 年上洛して3年間芸阿弥に画技を学び,さらに将軍家所蔵の中国画からも学んだことが知られる。本格的な筆法による平明な画風が特色。代表作『達麿図』 (南禅寺) ,『山水図』 (根津美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

賢江祥啓【けんこうしょうけい】

室町中期の画僧。生没年不詳。相模の出身で,号は貧楽斎建長寺の書記で通称啓書記。1478年上京して芸阿弥師事,3年間画法を学んで鎌倉へ帰った。その後も上京し,南宋院体画の構成にならった水墨山水画を描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢江祥啓 けんこう-しょうけい

?-? 室町-戦国時代の画僧。
鎌倉建長寺の書記をつとめる。文明10年(1478)から京都の芸阿弥(げいあみ)にまなび,さらに中国の宋元画を研究,鎌倉水墨画を代表するひとりとなった。相模(さがみ)(神奈川県)出身。通称は啓書記。別号に貧楽斎。代表作に「山水図」「達磨(だるま)図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賢江祥啓の言及

【芸阿弥】より

…号を学叟といい,三阿弥の中では比較的短命であったが,当時の記録では画事に関するものが多く,国工,国手として登場している。1480年(文明12)画事習得のため上洛していた鎌倉建長寺の賢江祥啓(けんこうしようけい)(啓書記,生没年不詳)に与えた《観瀑図》(根津美術館)が現存する。それには京都五山の月翁周鏡ら三禅僧の著賛があり,〈学叟真芸五十歳〉の款記と〈学叟〉朱文鼎印をもつ,芸阿弥のほとんど唯一の確実な遺品である。…

※「賢江祥啓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賢江祥啓の関連キーワード渡唐天神巣雪僊可戦国時代仲安真康養月斎栄晋斎啓拙斎偸閑斎春江月浦室町相鑑真芸性庵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android