賽は投げられた(読み)さいはなげられた

故事成語を知る辞典「賽は投げられた」の解説

賽は投げられた

サイコロはもう振られてしまった。いったん決断して行動を始めた以上、最後までやりぬくしかない、ということのたとえ。

[使用例] 代助は今相手の顔色如何いかんかかわらず、手に持ったを投げなければならなかった[夏目漱石*それから|1909]

[使用例] 暗号長はそれを通信参謀に届けた。そして、南雲長官以下、賽がついに予定通り投げられたことを知った[阿川弘之*山本五十六|1965]

[由来] 古代ローマの歴史家、スエトニウスの「ローマ皇帝伝カエサル」が載せる、カエサル(シーザー)のことば。紀元前四九年、ガリア(北イタリアと、アルプス山脈の北側)の総督だったカエサルは、対立するポンペイウスと雌雄を決するため、隊を率いてローマに向かいました。当時の法律では、ローマの北方を流れるルビコン川を軍隊を引き連れたまま渡ることは、禁じられていました。しかし、カエサルはそれを無視して、進軍を続けます。そのときに発したことばが「賽は投げられた」。国家に反逆する戦いを始めてしまったからには、最後まで戦い抜くしかないという強い決意を示したのです。それから四年間にわたった内乱を制して、カエサルはローマに覇権を唱えることができたのでした。

[解説] どんな目が出るかは、サイコロを投げた瞬間にはわかりません。カエサルも、ルビコン川を渡るそのときには、勝つか負けるか、わからなかったのでしょう。それでも後には引けないという、強い決意を表すことば。重大な争いを始める際の決意を示すのに、ぴったりの故事成語です。

ラテン〕Alea jacta est.

〔英語〕The die is cast.

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

ことわざを知る辞典「賽は投げられた」の解説

賽は投げられた

いったん決断し、行動に出た以上、最後までやりぬくしか道はない。

[使用例] 勝てば内閣を倒して堂々と巴里に入城出来るのである。賽は投げられた。牢獄を捨てて亡命の道を選んだのは将軍の気質のしからしめたところともいえるだろう[大仏次郎*ブウランジェ将軍の悲劇|1935~36]

[解説] ポンペイウスと対立したカエサル(シーザー)が、北からイタリアに入る時は、軍隊を解散しなければならないという法を破って、ルビコン川を渡るときに言ったといわれることば。

〔ラテン〕Alea jacta est.

〔英語〕The die is cast.

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「賽は投げられた」の解説

さい【賽】 は 投(な)げられた

(Alea jacta est の訳。スエトニウス著「帝王伝」から) カエサル(シーザー)がルビコン川を渡るときに言ったといわれることば。いったん乗り出してしまった以上、もはや最後までやるよりほかに道はない、という意味で使われることが多い。
※ブウランジェ将軍の悲劇(1935‐36)〈大仏次郎〉四月一日「勝てば内閣を倒して堂々と巴里に入城出来るのである。賽(サイ)は投げられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「賽は投げられた」の解説

さいげられた

《〈ラテン〉Alea jacta est》事ここに至ったうえは、結果はどうなろうとも断行するほかはない。
[補説]カエサルが、軍を率いてルビコン川を渡るときに言ったといわれる言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賽は投げられたの言及

【カエサル】より


[内乱]
 前54年に,ポンペイウスに嫁した娘ユリアが死に,前53年クラッススが東方パルティア遠征で倒れると,いわゆる三頭政治は崩壊し,元老院の保守派と結んだポンペイウスとの関係も悪化する。特に前51年来,カエサルの召還,軍隊解散をめぐって,事態は険悪化の一途をたどり,前49年1月7日の元老院最終決議に対して,カエサルは,兵を率いたまま,〈賽(さい)は投げられた〉の言葉とともにガリアとイタリアの境のルビコン川を渡って,ポンペイウスを擁する元老院の保守派との内乱に突入した。首都に進撃し,イタリアを制圧したため,両コンスルおよび元老院議員の大多数はポンペイウスとともに東方に逃れた。…

※「賽は投げられた」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android