赤堀四郎(読み)あかぼりしろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤堀四郎
あかぼりしろう

[生]1900.10.20. 静岡
[没]1992.11.3. 兵庫
生化学者,有機化学者。東北帝国大学化学科卒業 (1925) 。ドイツ,アメリカに留学 (32~35) 後,大阪帝国大学教授 (39) となり,理学部長 (47~49) ,一般教養部長 (49~50) を経て,大阪大学蛋白質研究所所長 (57~60) ,同大学学長 (60~66) ,理化学研究所理事長 (66~70) ,大阪府教育委員会委員長 (68) などを歴任。この間アミノ酸,蛋白質,酵素などに関する広範な研究を精力的に推進し,日本学士院会員に推され (55) ,日本化学会会長 (69~70) 。 1955年「蛋白質を構成するアミノ酸の結合状態に関する研究」に対し日本学士院賞が与えられた。 65年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

赤堀四郎【あかぼりしろう】

生化学者。静岡県生れ。千葉医専卒業後,東北大理学部で真島利行に師事。アミノ酸やイミダゾール誘導体などの合成法を研究,またタカアミラーゼの精製を進め,第2次大戦後に結晶化に成功,1952年にはヒドラジンによる分解反応を利用したタンパク質アミノ酸残基決定法(赤堀法)を開発した。1955年学士院賞。1958年に大阪大学蛋白質研究所を設立し初代所長。1965年文化勲章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤堀四郎 あかぼり-しろう

1900-1992 昭和時代の生化学者。
明治33年10月20日生まれ。大阪帝大教授,阪大蛋白質(たんぱくしつ)研究所長をへて,昭和35年阪大学長。アミノ酸を研究。生命の起源にかかわる原始たんぱく質の生成に関する新理論をたてた。30年学士院賞,40年文化勲章。学士院会員。平成4年11月3日死去。92歳。静岡県出身。東北帝大卒。編著に「蛋白質化学」(共編)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかぼりしろう【赤堀四郎】

1900~1992) 化学者。静岡県生まれ。大阪大学教授、のち学長。酵素タカアミラーゼを結晶化し、タンパク質のアミノ酸残基の新しい決定法(赤堀法)を開発。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤堀四郎
あかぼりしろう
(1900―1992)

生物化学者。明治33年10月20日静岡県に生まれる。千葉医学専門学校を経て、東北帝国大学理学部化学科を卒業(1925)。ドイツ、アメリカへ留学(1932~1935)、帰国後に大阪帝国大学教授(1939)。タンパク質の構造や機能の特殊性に着目して共同利用の同大学蛋白(たんぱく)質研究所を設立(1958)し所長を務め、同大学学長(1960)となり、定年退官(1966)後、蛋白質研究奨励会ペプチド研究所長。大阪大学名誉教授。おもな業績は、しょうゆの香気成分メチオノールの合成(1936)、タカアミラーゼの結晶化(1951)、タンパク質をヒドラジン分解することによりカルボキシ(カルボキシル)末端アミノ酸残基を決定する方法の創始(1952)などのほか、原始タンパク質生成に関する研究(1952)により生命の起源問題に新しい可能性を示した。主著に『蛋白質化学』(水島三一郎と共編、1969)がある。学士院会員(1964)。日本学士院賞受賞(1955)、文化勲章受章(1965)、勲一等瑞宝(ずいほう)章受章(1975)。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あかぼり‐しろう【赤堀四郎】

化学者。蛋白質、アミノ酸、酵素に関する研究でタカアミラーゼの結晶化、ヒドラジン分解法の発見などに貢献。文化勲章受章。明治三三~平成四年(一九〇〇‐一九九二)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android