コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真島利行 まじまりこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真島利行
まじまりこう

[生]1874.11.13. 京都
[没]1962.8.19. 宝塚
有機化学者。東京帝国大学理科大学化学科卒業 (1899) 。キール大学,チューリヒのスイス連邦工科大学,ロンドンの王立研究所付属のデービー=ファラデー研究所に留学。東北帝国大学教授 (1911) ,理化学研究所主任研究員。漆の主成分,トリカブト属アルカロイド,インドール誘導体,紫根の成分その他の天然有機化合物の構造研究,感光色素,染料その他の合成研究,『日本化学総覧』の編集と刊行などを進めた。北海道,大阪両大学理学部長,東京工業大学染料化学科教授として,それぞれの創設と運営に貢献。大阪大学学長 (43) 。 1917年「漆の主成分に関する研究」で帝国学士院賞受賞。 49年文化勲章受章。帝国学士院会員 (26) ,ドイツ国立学士院会員 (36) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まじま‐りこう〔‐リカウ〕【真島利行】

[1874~1962]化学者。京都の生まれ。東北大教授・阪大総長。のほか紫根烏頭(うず)などの成分構造を究明文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

真島利行【まじまりこう】

有機化学者。東大卒。1907年ヨーロッパに留学し,ハリエス,ウィルシュテッターに学ぶ。1911年帰国と同時に東北大教授。のち北大理学部長,阪大理学部長,同総長などを歴任

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真島利行 まじま-りこう

1874-1962 明治-昭和時代の有機化学者。
明治7年11月13日生まれ。44年東北帝大教授となり,理化学研究所主任研究員,東京工業大,北海道帝大の教授をかねた。昭和7年大阪帝大教授,18年総長。「漆の主成分に関する研究」で大正6年学士院賞。昭和24年文化勲章。「日本化学総覧」の刊行につくした。昭和37年8月19日死去。87歳。京都出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まじまりこう【真島利行】

1874‐1962(明治7‐昭和37)
化学者。開業医真島利民(としたみ)の長男として京都に生まれる。中学時代に上京し,第一高等中学校,東京帝国大学理科大学化学科を卒業。同科助手を経て,1903年助教授となる。08‐10年にかけて海外に留学,キールのハリエスC.D.Haries,チューリヒのウィルシュテッターR.M.Willstätterの下で有機化学を学んで11年に帰国,新設の東北帝国大学理科大学化学科教授,26年には理学部長となる。 最初,漆の研究を手がけ,《漆汁主成分たる所謂漆酸の研究報告》(第1回,1907)を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まじまりこう【真島利行】

1874~1962) 化学者。京都生まれ。東大卒。日本産の漆を研究、漆液の主成分ウルシオールの構造決定・合成に成功。一方、教育機関の整備につとめ、多数の有機化学者を育てる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真島利行の関連キーワード真島利行(まじまとしゆき)日本科学史(年表)ウルシオール杉野目 晴貞黒田 チカ日本科学史丹下 ウメ杉野目晴貞赤堀四郎昭和時代丹下ウメ久原躬弦黒田チカ烏頭うず