コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真島利行 まじまりこう

6件 の用語解説(真島利行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真島利行
まじまりこう

[生]1874.11.13. 京都
[没]1962.8.19. 宝塚
有機化学者。東京帝国大学理科大学化学科卒業 (1899) 。キール大学チューリヒスイス連邦工科大学,ロンドン王立研究所付属のデービーファラデー研究所に留学。東北帝国大学教授 (1911) ,理化学研究所主任研究員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まじま‐りこう〔‐リカウ〕【真島利行】

[1874~1962]化学者。京都の生まれ。東北大教授・阪大総長。のほか紫根烏頭(うず)などの成分構造を究明。文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

真島利行【まじまりこう】

有機化学者。東大卒。1907年ヨーロッパに留学し,ハリエス,ウィルシュテッターに学ぶ。1911年帰国と同時に東北大教授。のち北大理学部長,阪大理学部長,同総長などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真島利行 まじま-りこう

1874-1962 明治-昭和時代の有機化学者。
明治7年11月13日生まれ。44年東北帝大教授となり,理化学研究所主任研究員,東京工業大,北海道帝大の教授をかねた。昭和7年大阪帝大教授,18年総長。「漆の主成分に関する研究」で大正6年学士院賞。昭和24年文化勲章。「日本化学総覧」の刊行につくした。昭和37年8月19日死去。87歳。京都出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まじまりこう【真島利行】

1874‐1962(明治7‐昭和37)
化学者。開業医真島利民(としたみ)の長男として京都に生まれる。中学時代に上京し,第一高等中学校,東京帝国大学理科大学化学科を卒業。同科助手を経て,1903年助教授となる。08‐10年にかけて海外に留学,キールのハリエスC.D.Haries,チューリヒのウィルシュテッターR.M.Willstätterの下で有機化学を学んで11年に帰国,新設の東北帝国大学理科大学化学科教授,26年には理学部長となる。 最初,漆の研究を手がけ,《漆汁主成分たる所謂漆酸の研究報告》(第1回,1907)を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まじまりこう【真島利行】

1874~1962) 化学者。京都生まれ。東大卒。日本産の漆を研究、漆液の主成分ウルシオールの構造決定・合成に成功。一方、教育機関の整備につとめ、多数の有機化学者を育てる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

真島利行の関連キーワード島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎カズヌーヴ菊池三渓善助成島柳北西周

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone