コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真島利行 まじまりこう

6件 の用語解説(真島利行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真島利行
まじまりこう

[生]1874.11.13. 京都
[没]1962.8.19. 宝塚
有機化学者。東京帝国大学理科大学化学科卒業 (1899) 。キール大学チューリヒスイス連邦工科大学,ロンドン王立研究所付属のデービーファラデー研究所に留学。東北帝国大学教授 (1911) ,理化学研究所主任研究員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まじま‐りこう〔‐リカウ〕【真島利行】

[1874~1962]化学者。京都の生まれ。東北大教授・阪大総長。のほか紫根烏頭(うず)などの成分構造を究明。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

真島利行【まじまりこう】

有機化学者。東大卒。1907年ヨーロッパに留学し,ハリエス,ウィルシュテッターに学ぶ。1911年帰国と同時に東北大教授。のち北大理学部長,阪大理学部長,同総長などを歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真島利行 まじま-りこう

1874-1962 明治-昭和時代の有機化学者。
明治7年11月13日生まれ。44年東北帝大教授となり,理化学研究所主任研究員,東京工業大,北海道帝大の教授をかねた。昭和7年大阪帝大教授,18年総長。「漆の主成分に関する研究」で大正6年学士院賞。昭和24年文化勲章。「日本化学総覧」の刊行につくした。昭和37年8月19日死去。87歳。京都出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まじまりこう【真島利行】

1874‐1962(明治7‐昭和37)
化学者。開業医真島利民(としたみ)の長男として京都に生まれる。中学時代に上京し,第一高等中学校,東京帝国大学理科大学化学科を卒業。同科助手を経て,1903年助教授となる。08‐10年にかけて海外に留学,キールのハリエスC.D.Haries,チューリヒのウィルシュテッターR.M.Willstätterの下で有機化学を学んで11年に帰国,新設の東北帝国大学理科大学化学科教授,26年には理学部長となる。 最初,漆の研究を手がけ,《漆汁主成分たる所謂漆酸の研究報告》(第1回,1907)を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まじまりこう【真島利行】

1874~1962) 化学者。京都生まれ。東大卒。日本産の漆を研究、漆液の主成分ウルシオールの構造決定・合成に成功。一方、教育機関の整備につとめ、多数の有機化学者を育てる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真島利行の関連キーワード久原躬弦国利民福町医者長野県長野市真島町真島黒田チカ杉野目晴貞丹下ウメ堀田正民京都癲狂院真島利民

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone