コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政規律 ざいせいきりつ

3件 の用語解説(財政規律の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

財政規律

財政を放漫に運営するのではなく、秩序正しく運営するための規律。平成14(2002)年度予算では、財政規律維持のために「国債30兆円枠」が掲げられた。平成14年6月に発表された財政制度等審議会の平成15(03)年度予算編成に関する意見書も「財政規律の堅持」をうたい、国債発行額30兆円からの乖離(かいり)をできるだけ小さくするとしたが、それが不可能となった平成16(04)年度予算編成においては、国債発行額は「一般政府の支出規模の対GDP比を上回らないものとする」という新たな指標が導入された。平成19(07)年度予算において、国債発行額は、前年度に引き続き30兆円を下回ったが、財政規律とは財政収支を均衡することだけを意味しない。国民のニーズに合致しない無駄な公共サービスを供給せずに、国民に適切な租税負担を求めるという意味での効率性を実現することも財政規律に含まれる。

(神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざいせい‐きりつ【財政規律】

国や地方公共団体において財政が秩序正しく運営され、歳入歳出バランスが保たれていること。または、そのための規範や数値目標など。
[補説]金融危機の影響などから、日本を含む各国で国債発行残高が増加し、財政規律の重要性が指摘されている。そのため、国債発行を抑制し、歳出を削減して財政収支の均衡を図ることが求められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財政規律
ざいせいきりつ

国や地方自治体において、歳入と歳出のバランスを保った財政運営を行うための規律。2008年のリーマン・ショックを基点とする世界金融危機の影響により、欧米、日本など各国で国債発行残高が増加したため、財政規律の重要性が指摘されるようになった。財政規律がないと判断されると金融市場における信用を失い、ギリシアのように国債が投げ売りされ国家財政が破綻(はたん)の危機に瀕(ひん)する。ギリシアほどではないにしてもスペイン、イタリアなども同様の危険性を内包している。行政改革などにより歳出を削減し、国債発行を抑制することで財政収支の均衡を図ることが、信用を回復するためには必要である。
 日本においても財政規律は大きな課題となっている。小泉純一郎政権下の2002年度予算において膨張する財政にブレーキをかけるため「国債30兆円枠」が掲げられたことがその端緒である。2009年(平成21)に政権を奪取した民主党政権は当初、財政支出そのものを削減することによって財政規律を保つことを目ざしたが実現できなかった。そのため、2012年には野田佳彦(よしひこ)政権のもとで消費税率引き上げ法案が与野党賛成多数で可決され、歳入を増やすことにより、財政規律回復への道筋をつけた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財政規律の関連キーワード幾何学的精神全方位外交クラブチーム捨てたものではない井井整然放漫堪ったものではないではなくて順風満帆[ぽ]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

財政規律の関連情報