コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂御崎 あこうみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤穂御崎
あこうみさき

兵庫県南西部,赤穂市南東部,瀬戸内海にのぞむ岬。千種川下流の旧東浜塩田と坂越 (さこし) 湾の間に突出した石英粗面岩から成る小さい半島の岬で,瀬戸内海国立公園に属する景勝地。岬の先端の式内社伊和都比売 (いわつひめ) 神社からの内海の眺望はすばらしい。坂越からの観光道路の敷設に伴い,付近の海食崖上は西播随一の観光休養地となっている。赤穂御崎温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あこうみさき【赤穂御崎】

御崎とも呼ばれる兵庫県赤穂市南東部,播磨灘に突き出た石英粗面岩からなる岬。岬の西側の千種(ちくさ)川三角州上には広大な赤穂塩田跡地が広がる。昭和初期,毎日新聞社が募集した日本百景に選ばれて一躍有名になり,1950年に瀬戸内海国立公園の指定を受けた。釣りや海水浴に好適なため四季を通じて観光客が多い。【小森 星児】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕赤穂御崎(あこうみさき)


御崎(みさき)

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤穂御崎
あこうみさき

兵庫県南西端、赤穂市にある景勝地。岩石海岸に松林が迫り、沖合いに大小多数の島々を望み、瀬戸内海国立公園に含まれる。付近には式内社伊和都比売(いわつひめ)神社、旅館、保養施設などが点在する。旧新浜(しんはま)村にあたり、1646年(正保3)赤穂藩主浅野長直(ながなお)が塩田開発とともに開設した塩浜村である。1971年(昭和46)の塩田廃止後、塩田は宅地、公園などへ転用された。JR播州赤穂駅から約4キロメートル、バスの便がある。[富岡儀八]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤穂御崎の関連情報