コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤蝦夷風説考 あかえぞふうせつこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤蝦夷風説考
あかえぞふうせつこう

工藤平助著。2巻。松前や長崎の住民からの聴取資料によって,蝦夷地の現状とその開発,ロシアとの貿易などを論じたもの。天明3 (1783) 年老中田沼意次に献上した。これによって,幕府は蝦夷地の調査,開発を意図するようになった。『北門叢書』に所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あかえぞふうせつこう〔あかえぞフウセツカウ〕【赤蝦夷風説考】

江戸後期の地誌。2巻。工藤平助著。天明元~3年(1781~1783)成立。赤蝦夷はカムチャツカのこと。日本における最初のロシア研究書。上巻でロシアとの通商・蝦夷地開発を説く。下巻はロシアの地誌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤蝦夷風説考【あかえぞふうせつこう】

仙台藩医工藤平助著。1783年幕府老中田沼意次に献じられた。ロシアの南下に対処するため,ロシアとの公式貿易を主張し,また蝦夷地開拓の利益を説く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかえぞふうせつこう【赤蝦夷風説考】

仙台藩医工藤平助がロシア対策を論じた警世の書。上下2巻からなり,下巻は蘭書の知識を基にロシアの東方経略の実情を述べ,同国の植民地と蝦夷地との地理的関係を明示したもの。上巻はロシア交易による蝦夷地開発を説いたもの。1783年(天明3)老中田沼意次に献上された。その結果,田沼は蝦夷地開発を計画し,調査隊を派遣したが,彼の失脚によりこの計画は中止された。【佐藤 昌介】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あかえぞふうせつこう【赤蝦夷風説考】

ロシアの南下を知り、北方開発の緊急性を説いた書。二巻。工藤平助著。1781~83年成立。本書によって幕府も巡見使を派遣するなど蝦夷地に具体的対策を示すようになった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤蝦夷風説考
あかえぞふうせつこう

仙台藩医で経世家の工藤平助(くどうへいすけ)の著。上下2巻。下巻は1781年(天明1)に成り、上巻は1783年の稿。18世紀後期にロシアの南下が進み、ベニョフスキー(ロシア軍捕虜となり脱出したハンガリーの伯爵)が在日オランダ人あての書簡の中で、ロシアには侵略の意図があると告げたことを機に北方問題への関心が高まった。本書は国防的立場からこれを論じた最初の書である。下巻は蘭書(らんしょ)の知識により、ロシアとカムチャツカ(赤蝦夷)の歴史と現状を述べ、ロシアの経略の歴史、カムチャツカと蝦夷地の地理を明らかにしている。上巻は対策で、ロシアが望むのは交易と考え、長崎などに港を開き蝦夷地の金銀を発掘して交易を開くことを提案。幕府に呈せられたのが機となり、1784~1786年に幕吏によって蝦夷地調査が行われた。『北門叢書』第1冊所収。[塚谷晃弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤蝦夷風説考の言及

【工藤平助】より

…他方,営利の才に恵まれ,オランダ通詞と結託して,舶来品を売りさばき,巨利を博したと伝えられる。著書にロシア問題をとりあげて,その対策を論じた《赤蝦夷風説考》,密貿易対策を幕府に献策した《報国以言》などがある。【佐藤 昌介】。…

※「赤蝦夷風説考」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤蝦夷風説考の関連キーワード宮城(県)只野真葛巡見使海防論

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android