コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤門 あかもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤門
あかもん

東京都文京区,東京大学の西南隅にある門。徳川家斉の娘溶姫が前田家に嫁したとき造られ,文政 10 (1827) 年に完成。両番所つきの規模の大きい薬医門。朱漆塗なのでこの名がある。東京大学が前田邸跡に造られたのでその管理となり,また東京大学の別称となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐もん【赤門】

朱塗りの門。江戸時代、将軍家の娘を奥方に迎えた大名が建造。御守殿門(ごしゅでんもん)。

東京大学にある朱塗りの門。もと加賀藩前田家上屋敷の御守殿門。文政10年(1827)、将軍徳川家斉(とくがわいえなり)の娘溶姫(ようひめ)が前田家に嫁いだ時に建てられた。
東京大学の俗称。「赤門出」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤門【あかもん】

東京都文京区,東京大学内にある門。大学の敷地には江戸時代加賀藩前田家の屋敷があり,1827年将軍家斉(いえなり)の娘が前田家に嫁した際上屋敷御守殿門として建造。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あかもん【赤門】

朱塗りの門。江戸時代、将軍家の息女を嫁に迎える大名は、その居所である御守殿に朱塗りの門を建てた。
東京大学に残る旧加賀藩前田家上屋敷の朱塗りの門。また、東京大学の通称。 「 -出」 「 -を這入つて、二人で池の周囲まわりを散歩した/三四郎 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤門
あかもん

御守(ごしゅ)(主)殿(でん)門のことをいう。江戸時代、大名家に嫁した将軍家の子女、あるいはその居住する奥御殿を御守殿あるいは御住居(おすまい)と称し、その御殿の門を丹塗(にぬ)りにしたところから俗に赤門とよばれた。東京大学の代名詞となった東京都文京区本郷の赤門は現存する唯一のものである。ここはもと加賀金沢前田家の上屋敷であり、1827年(文政10)に11代将軍徳川家斉(いえなり)の女(むすめ)溶姫が13代藩主前田斉泰(なりやす)に輿入(こしい)れをする際、その前年に正門(黒門)の南部に造営され、このとき門前の町家が引き払われた。門構えは、中央に切妻造本瓦葺(きりづまづくりほんかわらぶ)きの薬医(やくい)門があり、その左右には繋ぎ塀(つなぎべい)に接して唐破風(からはふ)造の番所が置かれていた。1877年(明治10)東京大学に移管され、1961年(昭和36)に解体修理が行われた。現在は国の重要文化財に指定されている。[北原章男]
『『三田村鳶魚全集 第1巻』(1976・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤門の関連情報