赤魚(読み)アカウオ

デジタル大辞泉の解説

あか‐うお〔‐うを〕【赤魚】

アコウダイ別名
フサカサゴ科の海水魚。東北地方以北に分布。全長約50センチ。味噌漬けや粕漬けにしたものが「あこうだい」の名で売られている。
ハゼ科の魚。河口にすむ。全長約15センチ。体は細長く、赤色。食用としない。
アカムツウグイカサゴヒメジなどの別名。

あこう〔あかを〕【魚】

アコウダイの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかうお【赤魚】

カサゴ目の海魚。全長約45センチメートル。体形はアコウダイに似るが、下あごが上あごより突き出す。体は鮮紅色で背面に黒斑が点在する。食用。北海道以北に広く分布。

あこう【赤魚】

アコウダイの別名。 → あかうお

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤魚の関連情報