コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足子 あしこ

1件 の用語解説(足子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あしこ【足子】

室町・戦国時代,座商人などの依頼をうけて商品の運搬などに従事したり,座商人に一定の貢納を行って行商の権利を与えられた小商人。《今堀日吉神社文書》などによれば,近江の蒲生,神崎,甲賀の諸郡,湖北から若狭に至る九里半街道沿い,伊勢の北部地方には多数の足子が散在していたことがわかる。近江の蒲生郡得珍保(とくちんのほ)(現,八日市市)のいわゆる保内座商人は若狭,伊勢,京都地方との隔地間取引に従事していたが,行商に際しては周辺地域に居住する数十名の足子を動員した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足子の関連キーワード伊勢商人江家次第公事宿ごみそ宿車楽市楽座道増日尭(1)楊渓ファリャ:火祭りの踊り/piano solo

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone