コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏切(鉄道) ふみきり

百科事典マイペディアの解説

踏切(鉄道)【ふみきり】

鉄道線路と道路とが同一平面で交差する個所。遮断(しゃだん)機(自動式,手動式)のあるもの,踏切警報機(せん光式)のあるもの,警標だけのものに区別される。近年,列車回数や自動車の増加で踏切事故が多発しているため,遮断機と警報機の増設,踏切の整理統合や大交通量の踏切の立体交差化が進められている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android