コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車輪の下 しゃりんのしたUnterm Rad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車輪の下
しゃりんのした
Unterm Rad

ドイツの詩人,作家 H.ヘッセの小説。 1906年刊。感受性の強い少年ハンス・ギーベンラートは,詰込み主義の画一的な神学校教育に耐えられず反抗的になり家に帰されるが,そこでも適応する場を見出しえず,傷心をいだいて川におぼれ死ぬ。抒情味が濃いが,子供の心を踏みにじる教育のあり方を批判した自伝的発展小説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃりんのした【車輪の下】

《原題、〈ドイツUnterm Radヘルマン=ヘッセの小説。1906年刊。大人たちの無理解と過酷な教育制度に押しつぶされる少年ハンスの悲劇を描いた自伝的作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃりんのした【車輪の下】

ヘッセ作の自伝的長編小説。1906年刊。大人たちの無理解におしひしがれ、ついには自殺する少年ハンスの悩みと感傷を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車輪の下
しゃりんのした
Unterm Rad

ドイツの作家ヘルマン・ヘッセの長編小説。1906年刊。貧しい家庭の主人公ハンスは、父親や教師の督励で難関の試験に合格して神学校に入るが、やがてノイローゼで退学、心身ともに傷つき、川で哀れな死を遂げる。この退学の件は作者自身の少年時代の体験に符合し、そのときから15年後の29歳でようやく客観視しえたことになり、当時の学校制度や、それと結び付く過酷な圧制への激しい告発が読み取れる。現代にも通じる教育問題を扱ったものとして、ドイツ文学のなかでも、わが国の若い読者にもっとも親しまれてきた小説の一つ。[藤井啓行]
『『車輪の下』(高橋健二訳・新潮文庫/実吉捷郎訳・岩波文庫/秋山英夫訳・講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

車輪の下の関連キーワードヘッセ(Hermann Hesse)マウルブロンの修道院群マウルブロン修道院アンナ・カレーニナヘルマン ヘッセ秋山六郎兵衛石中 象治池田沙絵美輪留め感傷轢く

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車輪の下の関連情報