コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀甲船 キッコウブネ

デジタル大辞泉の解説

きっこう‐ぶね〔キツカフ‐〕【亀甲船】

李朝時代の朝鮮軍船。矢や敵の侵入を防ぐため、船体上面を厚板で亀甲状に装甲した船。
日本の近世前期の小型軍船で1のように装甲したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きっこうせん【亀甲船】

朝鮮,李朝時代の軍船。伏した亀のような外形をもち,木造だが表面をかたいふた板でおおった船。斬り込みを得意とする倭寇に対抗するため15世紀初に朝鮮で創案され,16世紀末に李舜臣が発展,完成させて壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)の実戦に用いた。船上には人の通る細い十字形の道と銃座を除く全面に槍と刀を上に向けてさしこみ,左右両舷やへさきに砲口船首煙幕の吹出口を備えていた。帆走のほか,左右の船腹から櫂を出してこぐこともできた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きっこうぶね【亀甲船】

一六世紀末に用いられた朝鮮の軍船。上部を厚い板で亀の甲のようにおおったもの。文禄・慶長の役では日本水軍を悩ました。
を模倣した、江戸時代の軍船。百石積み前後の小型船。亀の甲船。きっこうせん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀甲船
きっこうせん

朝鮮、李朝(りちょう)時代の軍船。亀船(きせん)ともいう。矢や敵の侵入を防ぐため、上部を厚板(亀甲板)で覆い、亀甲状の形態をしている。亀甲船は15世紀初め倭寇(わこう)撃退用に考案されたが、倭寇鎮静後は忘れられていた。1592年(文禄1)、日本軍の侵入時(壬辰(じんしん)の乱=文禄(ぶんろく)の役)に、全羅(ぜんら)左道水軍節度使(せつどし)(司令官)李舜臣(りしゅんしん)が、接近戦に優れた亀甲船の特性に着目し、改良して海戦に使い、大勝利を収めた。李舜臣の改良船は長さ27~28メートル、幅8~9メートルで、亀甲板に薄い鉄板をかぶせて鉄釘(くぎ)で留めてあり、一面に錐刀(すいとう)を植え、船首に竜頭、船尾に亀尾を取り付けてその陰に銃眼を備えている。これ以後も亀甲船は改良を重ね、全土の水軍に配置された。[吉田光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の亀甲船の言及

【文禄・慶長の役】より

… 緒戦における日本軍の勝因としては,(1)当初,朝鮮の地方長官や軍隊の指揮官の多くが日本軍に抵抗せず,戦争を回避したり逃亡したこと,(2)日本軍は戦国時代を経て戦争になれていたうえ,朝鮮側にない鉄砲(鳥銃)を使用したこと,(3)朝鮮政府の封建的支配に不満を抱く民衆や軍卒の間に,朝鮮の支配層に対する反抗や日本軍への協力(附倭)が現れ,当初,民族的結集に困難が生じたこと,などがあった。しかし海上では,92年5月から李舜臣の率いる朝鮮海軍が活躍し,5月末には亀甲船(きつこうせん)も登場,92年7月の海戦で日本海軍は大敗北をこうむった。以後,日本軍は海上補給路をおびやかされるようになる。…

※「亀甲船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀甲船の関連キーワード亀の甲船亀の甲文禄

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android