コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転化問題 てんかもんだい transformation problem

1件 の用語解説(転化問題の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんかもんだい【転化問題 transformation problem】

マルクスが価値と生産価格の関係を〈価値の生産価格への転化〉として論じて以来,マルクス的価値(体化労働)を基礎にして生産価格(均等利潤率を成立せしめる価格)を導出する議論が転化問題,あるいは転形問題とよばれるが,この問題の歴史は長い。マルクスの転化論はつぎの三つの総計一致命題からなる。すなわち,費用価格(不変資本プラス可変資本。〈不変資本・可変資本〉の項参照)は価値の次元でも生産価格の次元でも同一である(第1命題),総剰余価値は総平均利潤に等しい(第2命題),総価値は総生産価格に等しい(第3命題)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

転化問題の関連キーワード顧客価値総顧客価値ブランド価値閲覧価値価値論剰余価値労働価値説価値法則資産価値本源的価値