コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛田民蔵 くしだたみぞう

7件 の用語解説(櫛田民蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛田民蔵
くしだたみぞう

[生]1885.11.16. 福島
[没]1934.11.5. 東京
マルクス主義理論家。経済学者。 1904年東京外国語大学,12年京都大学卒業。 17~18年大阪朝日新聞の論説記者をつとめ,同志社大学教授を経て東京大学経済学部講師となったが,森戸事件を機に教職を辞して,20年大原社会問題研究所に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くしだ‐たみぞう〔‐たみザウ〕【櫛田民蔵】

[1885~1934]経済学者。福島の生まれ。大原社会問題研究所に入り、ドイツに留学。日本における「資本論」研究の水準を高め、また、マルクス(主義)経済学の普及に尽くした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

櫛田民蔵【くしだたみぞう】

マルクス主義経済学者。福島県出身。1918年―1919年同志社大学講師・教授,東大講師を経て1920年大原社会問題研究所に入り,執筆活動に従事した。日本の土地制度を封建制から資本主義への過渡的過小農制とし,高率小作料を近代的とする労農派の代表者の一人。
→関連項目森戸事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

櫛田民蔵 くしだ-たみぞう

1885-1934 大正-昭和時代前期の経済学者。
明治18年11月16日生まれ。櫛田ふきの夫。同志社大教授をへて大正8年東京帝大講師。翌年森戸事件を機に大原社会問題研究所にうつる。師の河上肇(はじめ)らと論争をかさねて価値論,地代論などの研究をふかめ,マルクス経済学の水準をたかめた。昭和9年11月5日死去。50歳。福島県出身。京都帝大卒。論文に「わが国小作料の特質について」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くしだたみぞう【櫛田民蔵】

1885‐1934(明治18‐昭和9)
マルクス経済学者。福島県出身。東京外国語学校卒業後,京都帝大法科に進学,河上肇に師事,経済学を学ぶ。1912年卒業後,東京帝大大学院に入学,13年同大法科経済統計研究室助手,15年大学院修了とともに助手を辞任。17年以降《大阪朝日新聞》論説記者,同志社大教授,東京帝大経済学部講師を経て,20年大原社会問題研究所へ入所。研究所派遣の2年間のドイツ留学ののち,22年に帰国。爾来,49歳で急死するまで,在野の研究者としてマルクス経済学の研究に没頭した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くしだたみぞう【櫛田民蔵】

1885~1934) 経済学者。福島県生まれ。大原社会問題研究所で、価値論、地代論などマルクス経済学を研究、労農派の論客。著「社会主義は闇に面するか光に面するか」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛田民蔵
くしだたみぞう
(1885―1934)

マルクス経済学者。明治18年11月16日福島県生まれ。東京外国語学校卒業後、京都帝国大学で河上肇(はじめ)に経済学を学び、さらに東京帝国大学大学院で研究を続け高野岩三郎に師事した。『大阪朝日新聞』論説記者、同志社大学教授を経て、1919年(大正8)新設の東京帝国大学経済学部の講師となったが、翌20年「森戸事件」に際会して辞職、恩師高野が創立(1919)した大原社会問題研究所に入り、まもなくドイツに留学、22年帰国。以後急逝するまで同研究所にあってマルクス経済学の研究に没頭し、恩師河上の唯物史観理解の批判や、高田保馬(やすま)、小泉信三などのマルクス価値論批判への反批判を通じて、日本のマルクス経済学研究の水準を向上させた。30年代に入ってからはマルクスの地代論の研究を進め、ついで日本の小作料は前資本主義地代であると論じて講座派の見解と対立した。昭和9年11月5日没。著作は、彼の没後、高野岩三郎、大内兵衛(おおうちひょうえ)らによって編集された『櫛田民蔵全集』全5巻(1935、再刊1947・改造社)にほとんど収録されている。[山崎春成]
『河上肇著『河上肇より櫛田民蔵への手紙』(1974・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の櫛田民蔵の言及

【大原社会問題研究所】より

…大原は初代所長高野岩三郎を信頼して,20年にわたって私財を投じつづけた。高野のもとに,櫛田民蔵,大内兵衛,森戸辰男,久留間鮫造,細川嘉六,笠信太郎らが所員となり,研究嘱託の長谷川如是閑ほか多くの研究者が参加し,日本の社会科学研究・社会調査に大きな貢献をした。アナーキズム文献では世界有数の〈エルツバッハ文庫〉や,年鑑編集のため社会運動団体の原資料などを収集したほか,講習会や研究生の育成も行った。…

【改造】より

…B.ラッセル,サンガー夫人,アインシュタインなどの外国知識人を招いたり,プロレタリア文学流行期にはそれに多くの誌面を割くなど,つねに時代の新思潮を敏感にとらえ大正末年には《中央公論》とならぶまでに成長した。本誌の最多執筆者だった山川均のほか河上肇,猪俣津南雄,櫛田民蔵ら多くのマルクス主義者に誌面を開放し,社会主義運動とマルクス主義の普及に多大の貢献をした。いっぽう,文芸欄は文壇の登竜門としての権威をもち,志賀直哉《暗夜行路》,中条(宮本)百合子《伸子》,芥川竜之介《河童》などの名作も生まれた。…

【転化問題】より

…ヒルファディングはエンゲルスの歴史・論理説(論理的なものは歴史的なものから偶然的なものを捨象したものであるという解釈)に依拠して,価値は単純商品(資本主義以前の商品)に妥当する概念であり,生産価格は資本制的商品に妥当する概念であって,両者は質的に異なると反論した。この論争は戦間期の日本でも小泉信三と櫛田民蔵の間で再現され,櫛田は〈価値と生産価格の矛盾は事実の矛盾であって論理の矛盾ではない〉として小泉を反論したが,この反論は歴史・論理説そのものに難点があるために有効であったとはいえない。転化問題の正しい解決の方向に向かって新しい軌道を設定したのは,L.vonボルトキエビチである(1906‐07)。…

【マルクス】より

…完結1935)。30年代になると,ロシア・マルクス主義の解釈体系が日本のマルクス主義者のあいだでも主流を占めるようになったが,それでも野呂栄太郎の日本資本主義論をはじめ,歴史的研究の分野でマルクスの理論を創造的に適用する一連の業績が現れたし,河上肇や櫛田民蔵らをはじめとするマルクス経済学や社会理論,歴史理論の独創的解釈が試みられ,戸坂潤に指導された〈唯物論研究会〉のマルクス主義哲学の分野での意欲的な展開も行われた。しかし,日本におけるマルクス主義は,日本軍国主義体制の徹底的な弾圧により,社会運動の方面はもとより理論活動の方面でも第2次世界大戦の終戦(1945)まで雌伏を余儀なくされた。…

【マルクス経済学】より

…これがいわゆる〈二段階革命論〉であったが,それが日本共産党のいわゆる〈32年テーゼ〉とぴったりと一致することは,周知のことがらであった。 これに対して,雑誌《労農》に結集した山川均猪俣津南雄,向坂逸郎(1897‐1985),大内兵衛櫛田民蔵,土屋喬雄(1896‐1988)らの学者は,総じて労農派と呼ばれたが,彼らはほぼ次のように主張した。明治維新は一種のブルジョア革命であり,したがってそれ以後,日本社会の構造は土地所有よりも資本の運動によって規制されるようになった。…

※「櫛田民蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

櫛田民蔵の関連キーワード杉本栄一マルクス経済学ランゲマル経遊部久蔵久留間鮫造杉山清外村史郎種瀬茂広島定吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone