コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みちびき ミチビキ

デジタル大辞泉の解説

みちびき[人工衛星]

JAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構)による準天頂衛星システム初号機の愛称。複数の衛星を天頂方向に配し、ビル陰山地の影響を受けない精度の高いGPSサービスの提供を目指す。
[補説]初号機は平成22年(2010)9月、2号機は平成29年(2017)6月打ち上げ。全4機が打ち上げられる予定。

みち‐びき【導き】

案内すること。指導を与えること。「天の導きに従う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みちびき【導き】

みちびくこと。指導をすること。 「神の-」 「今後ともよろしくお-のほどを」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

みちびきの関連キーワードアベイラブル・ノート・スケール[available note scale]ファンデルワールスゲシュタルト療法アセチレン溶接アンブロシウスイワーノフ理論物理学記述統計学水路式発電案内望遠鏡グラナダ塞き入る人工心肺来迎引接摂衆生戒蒸気機関舵を取る待ち女郎化導利生カナート

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みちびきの関連情報