コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みちびき ミチビキ

3件 の用語解説(みちびきの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みちびき[人工衛星]

JAXA(ジャクサ)宇宙航空研究開発機構)による準天頂衛星システム初号機の愛称。複数の衛星を天頂方向に配し、ビル陰や山地の影響を受けない精度の高いGPSサービスの提供を目指す。
[補説]平成22年(2010)9月、H-ⅡAロケットを使って打ち上げられた。

みち‐びき【導き】

案内すること。指導を与えること。「天の導きに従う」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

みちびきの関連キーワード宇宙兄弟JAXAイプシロンアストロH油井亀美也SLIM金井宣茂宇宙教育イプシロン・ロケット古川聡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みちびきの関連情報