コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転法輪 てんぼうりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転法輪
てんぼうりん

法輪を転じること。転梵輪ともいう。釈尊説法して人々の迷いを砕くことを,戦車が進んでいって敵を破ることにたとえたもの。現在のインドの国旗にある輪は,この法輪をデザインしたもの。釈尊が悟ったのち初めて5人の比丘鹿野苑で説法したことを特に初転法輪と呼び,好んで仏教美術のテーマとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐ぼうりん〔‐ボフリン〕【転法輪】

仏が教えを説くこと。説法。法輪は仏の教えを転輪王の武器である輪宝になぞらえたもので、転は説くこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんぼうりん【転法輪】

仏の教法を説くこと。仏法が誤った考えや煩悩を破砕することを、転輪聖王てんりんじようおうが輪宝りんぽうという武器によって敵を降伏させたことにたとえていう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転法輪
てんぼうりん

「教え(法)の輪を転ずること」の意で、ブッダ()の説法をさす。統治の輪を転ずる聖なる理想的君主(転輪聖王(てんりんじょうおう))が全世界を支配するように、ブッダの説法は、生きとし生ける者の間に回転して、迷いを打ち砕きとどまるところがないことを表す名称。輪はインド古代の武器としての戦車の輪をさすが、また統治権の象徴とも解されている。ブッダが成道(じょうどう)ののち初めて教えを説いたのを初転法輪といい、これを略して転法輪ともいう。[藤田宏達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の転法輪の言及

【法輪】より

…したがって法輪とは,仏の教えが1ヵ所に止まることなく,あらゆる地方のあらゆる人々にゆきわたることを,車輪のどこにでも行く自由な動きにたとえ,また人々の邪見・邪信を砕破するのを,武器としての円盤のはたらきになぞらえたものである。仏が法を説くことを〈転法輪(てんぼうりん)〉,とくに成道(じようどう)後最初の説法を〈初転法輪(しよてんぼうりん)〉というが,これも教えを説くことを車輪を転がすことになぞらえた言い方である。また,仏の偉大な特徴を表す〈三十二相〉の中の一つ,〈千輻輪相(せんぷくりんそう)〉(足の裏もしくは掌にあるという車輪形の文様)も,仏の偉大なはたらきである説法(転法輪)を象徴するもの(法輪)とみることもできよう。…

※「転法輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転法輪の関連キーワード兵庫県神戸市垂水区名谷町鳥取県東伯郡琴浦町別宮金剛生駒紀泉国定公園延暦寺のおもな堂塔浄土寺(広島県)東南アジア美術過去現在因果経マハーバストゥサールナートマハーバスツ釈迦八相図クシナガラブッダガヤ金剛山地七不思議釈迦八相五条乙前六種震動三条公修藤田宏達

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転法輪の関連情報