コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転造 てんぞう

4件 の用語解説(転造の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

てんぞう【転造】

金属を削らず、ねじ山ができるように材料を挟み込んで圧力をかけて変形させてねじを作る加工法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

転造【てんぞう】

ねじや歯車を製作する塑性加工法。断面がねじ山または歯車形をした2個の板形ダイスまたはローラーダイス間に素材をはさみ,ダイスの回転と周期的な圧縮によって素材を盛り上がらせて加工する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぞう【転造 rotary forming】

歯車のように歯数だけの回転軸対称をもつ物体を製造する場合に,回転と周期的な圧縮とを組み合わせて材料を加工する方法。型になる工具には歯車の形をしたロールが用いられ,徐々にかみ合せを深めていきながら,しだいに歯車の形が成形される。昔は経験と勘とを頼りに加工が行われたが,現代ではコンピューターによる設計(CAD)で親になる歯車工具の形を製品形状に対し適切に決定することが行われている。 ボルトねじ切りも,切削加工でなく転造で加工することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

転造
てんぞう
thread rolling

素材をダイスの間に挟み、相対的に回転させる成形法。ねじあるいは歯車の成形などが行われている。転造加工の大きな利点は切削加工に比べて加工時間が著しく短く、かつ金属の流れに切断がないので強度的に優れた製品ができることである。ねじの転造には、平面ダイスを用いる往復式と、丸形ダイスを用いる回転式とがあり、後者には2ロール式と3ロール式とがある。往復式は小ねじなどの量産に主として用いられ、回転式は精度の高いねじ(たとえばボルト)の成形や特殊なねじ部品の加工に用いられる。また、歯車の転造にはラック形とピニオン形とがある。[志村宗昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転造の関連情報