コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出入取引法 ゆしゅつにゅうとりひきほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出入取引法
ゆしゅつにゅうとりひきほう

昭和 27年法律 299号。貿易関係のカルテル独占禁止法の適用から除外する法律。第2次世界大戦後日本の貿易業界は,弱体化した体質のまま激しい国際競争のなかへ投出され,過当競争による安売りと品質の粗悪化を招いたが,貿易業者の組合の結成と強化は,独占禁止法の制約を受けてはかどらなかった。 1952年アメリカのウェッブ=ポメリーン法 Webb-Pomerene Act (1918年制定の反トラスト法) にならって,輸出カルテルを独占禁止法の適用除外とするため,輸出取引法が定められ,翌年輸入カルテルをも認めることとなって,輸出入取引法と改称,さらにカルテル容認の拡大,規制の緩和が行われた。法律の概要は,(1) 不公正な輸出取引の禁止,(2) 輸出入取引に関する協定の締結や組合の設立を認め,独占禁止法の適用除外とする,(3) 協定や組合のアウトサイダーが取引秩序確立を妨げるときの規制などである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆしゅつにゅう‐とりひきほう〔ユシユツニフとりひきハフ〕【輸出入取引法】

不公正な輸出取引を防止し、輸出取引および輸入取引の秩序の確立と外国貿易発展を図ることを目的として、協定・組合などについて定めている法律。昭和27年(1952)施行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆしゅつにゅうとりひきほう【輸出入取引法】

1952年に公布され,いくたびかの改正をへて現在に至っている法律で,その主たる内容は,(1)輸出取引における公正の維持,(2)輸出カルテルの許容,(3)輸入カルテルの許容である。まず,(1)では,外国の無体財産権(特許権,商標権等)を侵害する輸出や,原産地虚偽表示などが禁止されている。(2)は,外国との通商摩擦回避,輸出における過当競争防止などのため,日本の輸出業者が外国向けの輸出について価格,数量,その他取引条件に関して協定を結ぶことを認めるものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆしゅつにゅうとりひきほう【輸出入取引法】

不公正な輸出取引の防止、輸出入の秩序の確立と外国貿易の発展をはかるための協定や組合などについて定める法律。1952年(昭和27)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

輸出入取引法の関連キーワードオーダリー・マーケティング輸出入カルテル輸出自主規制貿易カルテル輸出入組合輸出組合輸入組合経済法税関

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android