コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つぶつぶ ツブツブ

4件 の用語解説(つぶつぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぶ‐つぶ

[名](「粒粒」とも書く)たくさんの粒状のもの。また、その一つ一つ。ぼつぼつ。「顔につぶつぶができる」「つぶつぶのあるきゅうり」「つぶつぶジュース」→つぶつぶ感
[副]
たくさんの粒を感じるさま。「つぶつぶとした食感」
粒状に表面に現れるさま。また、たくさんの粒となって流れるさま。
「刀(とう)に従って―と出で」〈露伴・連環記〉
字を離して書くさま。ぽつりぽつり。
「―とあやしき鳥の跡のやうに書きて」〈・橋姫〉
まるまると肥えているさま。ふっくら。
「いとよく肥えて、―とをかしげなる胸をあけて」〈・横笛〉
こまごまと。くわしく。
「いかで―と言ひ知らするものにもがな」〈かげろふ・上〉
胸がどきどきと鳴るさま。
「胸―と鳴る心地するもうたてあれば」〈・野分〉
針目をあけ無造作に縫うさま。ぶつぶつ。
「御したがひの御くびに、―と長く縫ひつけて」〈宇津保・俊蔭〉
勢いよく切り刻むさま。
「―と切りて、鍋に入れて」〈今昔・二〇・三四〉
物の煮える音を表す語。
「豆のからをたきて豆を煮ける音の―と鳴るを」〈徒然・六九〉
10 口の中でぶつぶつ言うさま。ぶつぶつ。
「口のうち―と念じ給ひつつ」〈読・雨月・蛇性の婬〉
[アクセント]はツブツブブツブ。

りゅう‐りゅう〔リフリフ〕【粒粒】

ひとつぶひとつぶ。すべてのつぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つぶつぶ【粒粒】

つぶ状のもの。また、多くのつぶの一つ一つ。 「顔に-ができる」

りゅうりゅう【粒粒】

一粒一粒。すべてのつぶ。 「その栗は…みんな-に実が入つて/縁 弥生子

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つぶつぶの関連キーワード子沢山小沢山沙穀粒立つばたくさ百種論弁宅弁粒粒感沢山人沢山

つぶつぶの関連情報