辰口(読み)たつのくち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辰口
たつのくち

石川県中南部、能美郡(のみぐん)にあった旧町名(辰口町(まち))。現在は能美市の南部を占める地域。1956年(昭和31)山上(やまがみ)村と久常(ひさつね)村・国府(こくふ)村の各一部が合併して町制施行、辰口町となる。2005年(平成17)能美郡寺井(てらい)町、根上(ねあがり)町と合併して市制施行、能美市となった。手取(てどり)川が旧町域東部から北部を流れ、北部に扇状地、南東部に丘陵地が広がる。丘陵地にある灯台笹遺跡(とだしのいせき)は県下唯一の旧石器遺跡で古墳も多い。かつては手取川の氾濫(はんらん)による水害が多かったが、宮竹(みやたけ)用水により水田が開けた。合繊織物業があり、陶石の産出が多い。加賀産業開発道路が走り、宅地化が進んでいる。北陸先端科学技術大学院大学があり、この大学を核に先端科学技術の研究拠点として「いしかわサイエンスパーク」の整備が進められている。

[矢ヶ崎孝雄]

『『辰口町史』全5巻(1982~1987・辰口町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辰口
たつのくち

石川県南西部,能美市東部の旧町域。金沢平野の中央部にある。 1956年山上村と久常村,国府村の各一部が合体して町制。名称は旧郷村名と温泉名に由来する。 2005年根上町,寺井町と合体し能美市となる。手取川中流左岸の平野と丘陵地からなる。辰口温泉は江戸時代からの湯治場。米作のほか,繊維,エレクトロニクス関連の製造業が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android