コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月形半平太 ツキガタハンペイタ

デジタル大辞泉の解説

つきがたはんぺいた【月形半平太】

行友李風(ゆきともりふう)の戯曲。4幕。大正8年(1919)沢田正二郎らの新国劇により初演。幕末の京都を背景にした、長州藩士月形半平太を取り巻く恋と剣の物語で、劇中の「春雨じゃ濡れて行こう」の台詞が有名。モデルは武市瑞山(たけちずいざん)(通称、半平太)とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月形半平太 つきがた-はんぺいた

行友李風(ゆきとも-りふう)の同名の戯曲の主人公。
倒幕に奔走する幕末の長門(ながと)萩(はぎ)藩士。武市瑞山(たけち-ずいざん)(半平太)がモデルとされる。大正8年京都明治座で新国劇の沢田正二郎が初演し,当たり役となった。「春雨だ,ぬれてゆこう」の台詞(せりふ)で有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つきがたはんぺいた【月形半平太】

行友李風(ゆきともりふう)作の戯曲《月形半平太》の主人公。1919年(大正8)5月京都明治座で沢田正二郎が月形に扮し初演。以来,辰巳柳太郎ら新国劇のレパートリーの一つとなった。長州藩士の月形が勤王の大義のため身命をなげうつ筋に,芸妓染八との恋や立回りをあしらった大衆劇で,人物の性格・心理よりも事件を描いたメロドラマ性が大衆に喜ばれ,舞妓梅松に言う月形のせりふ〈春雨じゃ,濡れてゆこう〉が著名となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つきがたはんぺいた【月形半平太】

戯曲。行友李風ゆきともりふう作。1919年(大正8)初演。長州藩士月形半平太は、遊興に浮き身をやつすと見せて、深く勤皇に心を砕くが、真意を理解できぬ同志の策略で新選組に斬られる。新国劇の当たり狂言で、「春雨じゃ、濡れて行こう」の台詞せりふは有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月形半平太
つきがたはんぺいた

行友李風(ゆきともりふう)の戯曲。四幕。1919年(大正8)5月京都・明治座で沢田正二郎ら新国劇により初演。長州藩士の月形半平太は、茶屋に入りびたって酒と女に明け暮れている。月形は同志たちに軽挙妄動を慎んで自重せよと説くが、彼の真意を解しえなかった朋友(ほうゆう)の策略で、新撰(しんせん)組に襲われ、死して護国の鬼となるの辞世を残して息絶える。若き剣士にまつわる祇園(ぎおん)の芸妓(げいぎ)梅松と染八。恋あり剣ありの華やかな作品で、「春雨じゃ濡(ぬ)れて行こう」の台詞(せりふ)は有名である。歌舞伎(かぶき)式に下座(げざ)を用いるのをはじめとして、随所に様式的演出がみられる。新国劇の型物として『国定忠治』と双璧(そうへき)をなし、半平太の役は沢田没後、辰巳(たつみ)柳太郎から大山勝巳へと継承された。映画化も多い。[土岐迪子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

月形半平太の関連キーワード沢村国太郎(4代)衣笠 貞之助直木 三十五沢田 正二郎大友 柳太朗月形 龍之介喜多川 千鶴衣笠貞之助マキノ雅広及川 道子美幸ちひろ若水 絹子松枝 鶴子行友 李風大山克巳堤大二郎平井愛子草間 実浮き身猿芝居

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月形半平太の関連情報