コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業生物資源研究所 ノウギョウセイブツシゲンケンキュウジョ

2件 の用語解説(農業生物資源研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のうぎょうせいぶつしげん‐けんきゅうじょ〔ノウゲフセイブツシゲンケンキウジヨ〕【農業生物資源研究所】

農業分野の基礎生命科学研究所ゲノム解析遺伝子組み換えなど生命科学研究開発を推進し、農業技術の発達、次世代の生物産業の創出を目指す。農林水産省所轄の独立行政法人として平成13年(2001)に設立。平成27年(2015)国立研究開発法人農業生物資源研究所に改称。平成28年(2016)農業・食品産業技術総合研究機構に統合。農生研。NIAS(National Institute of Agrobiological Sciences)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業生物資源研究所
のうぎょうせいぶつしげんけんきゅうじょ

農業分野での生命科学研究・開発を行う農林水産省所管の独立行政法人。英語名はNational Institute of Agrobiological Sciences、略称NIAS。独立行政法人農業生物資源研究所法(平成11年法律第193号)に基づいて2001年(平成13)設立。本部は茨城県つくば市観音台。1950年(昭和25)に農林省農業技術研究所として設置された農業生物資源研究所と1914年(大正3)に農商務省蚕業試験場として創設された蚕糸・昆虫農業技術研究所(旧、蚕糸試験場)、農林水産省畜産試験場(1916年設置。現、畜産草地研究所)の一部、農林水産省家畜衛生試験場(1947年設置。現、動物衛生研究所)の一部が統合し、2001年4月に独立行政法人となった。
 農業生物資源研究所はゲノム研究と、有用な農業生物を集め利用する遺伝資源研究の二つを基盤として、生物機能を農業技術や産業技術に生かすことを目ざして3センター、3領域の組織を有している。3センターは以下のとおりである。(1)農業生物先端ゲノム研究センター 作物や家畜のゲノムの配列解読をし、病虫害抵抗性、多収性、高品質化などの農業上有用な遺伝子の解析を行う。(2)遺伝子組換え研究センター 遺伝子組換え技術を用い、イネの病害に対する抵抗性品種の開発やカイコを用いた医薬品の開発、シルクタンパク質を用いた医療用素材の開発などを行う。(3)遺伝資源センター 生物遺伝資源を国内外から収集して増殖・保存し、植物21万点以上、微生物約2万8000点、動物約1000点の農業生物資源ジーンバンク事業を実施している。3領域は以下のとおりである。(1)植物科学研究領域 植物が炭素や窒素の代謝を行って物質を生産する仕組みや、根粒菌や菌根菌といった共生菌あるいは病原体などの微生物と植物の相互作用の仕組みについて研究を行う。(2)昆虫科学研究領域 昆虫特有のホルモンやフェロモンの働き、害虫と天敵生物の相互作用、害虫と植物・微生物の相互作用などを解明し、害虫制御剤の開発などを行う。(3)動物科学研究領域 家畜の生殖細胞や多能性幹細胞に関する研究や、光や温度、育成環境などによって家畜がストレスを受けて反応する仕組みや、家畜の繁殖性を調節する仕組みなどについて研究している。2011年3月時点での資本金は403億1400万円、常勤職員数は367人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業生物資源研究所の関連キーワードバイオインフォマティクスヒトゲノム解読機能ゲノム科学ヒトゲノム国際機構ゲノミクス東京大学医科学研究所大隅良典金谷晴夫関谷剛男中村桂子

農業生物資源研究所の関連情報