コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近代スポーツ きんだいスポーツ

百科事典マイペディアの解説

近代スポーツ【きんだいスポーツ】

ヨーロッパ近代が生み出したスポーツの総称。modern sport。ヨーロッパ近代の合理主義的な発想によって整備・統一されたスポーツ。すなわち,国や民族や宗教を超えてルールや施設や用具やマナーを共有するスポーツのこと。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の近代スポーツの言及

【ニュー・スポーツ】より

…サッカーやバスケットボールのようなある程度の練習を必要とし,競争原理の強くはたらく近代スポーツとは別の,誰でも気軽にすぐに楽しむことのできることを目的に新しく考案され,アレンジされたスポーツの総称。日本独自の表現で,近代スポーツに代わる〈新しいスポーツ〉という意味。…

【民族スポーツ】より

…民族音楽,民族舞踊,民族料理などと同じ語法である。したがって,グローバルに展開して,オリンピック(IOC主催)に収斂(しゅうれん)するいわゆる国際スポーツ(あるいは近代スポーツ)からは区別される。世界各地で行われる民族スポーツ(エスニック・スポーツ)を紹介すれば,次のようである。…

※「近代スポーツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近代スポーツの関連キーワードヨーロッパ/サウスアメリカ・カップ世界アンチ・ドーピング機関マージナルスポーツロッククライミングエスニックスポーツニュー・スポーツアイスホッケースポーツ写真トレーニングオリンピックアルピニズムアンドロゲン民族スポーツフットボールクレオールクリケットドーピング大森 兵蔵モンブランカヌー競技

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近代スポーツの関連情報