コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤基樹 こんどう もとき

3件 の用語解説(近藤基樹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤基樹 こんどう-もとき

1864-1930 明治-昭和時代前期の造船技術者。
元治(げんじ)元年3月11日生まれ。近藤真琴の長男。海軍省にはいりイギリス海軍大学校に留学。帰国後,最初の国産主力艦「筑波(つくば)」「薩摩(さつま)」などを設計する。大正2年学士院賞。3年造船総監。東京帝大講師となり平賀譲(ゆずる)らをそだてた。攻玉社社長。昭和5年3月8日死去。67歳。江戸出身。工部大学校(現東大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤基樹

没年:昭和5.3.8(1930)
生年:元治1.3.11(1864.4.16)
明治大正期の軍艦設計者。攻玉社を創設した幕臣近藤真琴の長男。工部大学校で機械学科と造船学科の両方を卒業し,明治17(1884)年海軍に入る。20年にイギリスグリニッジ海軍大学に留学し,23年に同校造船学科を卒業して帰国。横須賀鎮守府造船部計画科主幹に任じられ,以後大正期の戦艦「長門」「陸奥」に至るまで一貫して軍艦の設計に関与した。また26~29年,帝国大学で造船学を講じ,逓信省や民間造船所にも協力して造船業の発展に貢献した。41年造船総監,大正4(1915)年工学博士,11年艦政本部出仕を最後に待命となる。

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近藤基樹
こんどうもとき
(1864―1930)

海軍造船中将。江戸に近藤真琴(まこと)の長男として生まれる。工部大学校で機械学、造船学を修め、1884年(明治17)卒業、海軍省に入り、イギリスに留学、1893年イギリス海軍大学校を卒業、帰国して海軍造船大技士(大尉)となる。日清(にっしん)・日露戦争に参加した艦船の計画設計に従事し、とくに国産最初の主力艦で装甲巡洋艦の「筑波(つくば)」(1905年進水、排水量1万3750トン)、戦艦「薩摩(さつま)」(1906年進水、1万9350トン)などは世界の注目を浴び、1913年(大正2)には「軍艦の設計殊(こと)に巡洋戦艦の設計」で帝国学士院賞を受けた。その後も多くの艦船の設計を主宰し、日本海軍の発展に寄与した。造船協会(1897年創設)の会長や学会委員を務め、また東京帝国大学講師(造船学)として後進を育成し、平賀譲(ゆずる)ら多数の技術者を輩出した。なお父真琴の死(1886)後、現役のまま攻玉(こうぎょく)社の社長に就任し終生教育に尽くした。[福井静夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近藤基樹の関連キーワード近藤真琴志賀重昂攻玉舎平賀譲(ゆずる)岩村清寿柏原長繁佐双左仲細井肇前田亨森茂樹

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone