コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通ずる ツウズル

2件 の用語解説(通ずるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つう・ずる【通ずる】

[動サ変][文]つう・ず[サ変]
道筋が他とつながる。また、道筋をつける。
㋐道路などがある所まで達する。また、交通機関が通る。「国道へ―・ずる道」「駅までバスが―・ずる」
㋑何かを伝って到達する。また、届かせる。「電話が―・ずる」「電流を―・ずる」
㋒大小便が出る。
「厠で恐しく―・じたり吐いたりしたが」〈滝井無限抱擁
意志やものの意味などが相手に伝わる。また、伝える。「冗談が―・じない」「気脈を―・ずる」
ある物事の詳しい知識をもつ。精通する。「内情に―・ずる」
広く行き渡る。広い方面に通用する。「あだ名で―・ずる」「現代にも―・ずる問題」
相手とつながりをもつ。また、つながりをつける。
㋐ひそかに敵方と連絡する。内通する。「敵に―・ずる」
㋑異性と関係をもつ。「人妻と―・ずる」「情を―・ずる」
(「…を通じて」の形で)
㋐全体に及ぼす。包括する。「一年を―・じて暖かい」「全国を―・じて流行する」
㋑媒介とする。「友人を―・じて知り合う」「テレビを―・じて訴える」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つうずる【通ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 つう・ず
(自動詞)
ある道筋を経由して、一方から他方に達する。
道などが、ある場所へ至る。 「都へ-・ずる道」
交通・通信ができる状態になる。 「奥地まで鉄道が-・ずる」 「電話が-・じない」
道筋にさまたげとなるものがない状態になる。道筋が開ける。 「電流が-・ずる」
気持ちや言葉などが相手に伝わって理解される。 「誠意が-・ずる」 「英語が-・じない国」 「洒落の-・じない人」
双方のいずれにもつながる。共通する。また、物事一般にあてはまる。通用する。 「彼とは一脈-・ずるところがある」 「現代にも-・ずる問題」
深く知っている。精通する。 「内部の事情に-・ずる」
ひそかに交わりをもつ。
敵とつながりをもつ。内通する。 「敵と-・ずる」
男女が肉体関係を持つ。
通る。かよう。 「息は鼻より-・ずべし/正法眼蔵」
大小便が出る。 〔日葡〕
(他動詞)
一方から他方へ至らせる。 「海岸沿いに道を-・ずる」 「電流を-・ずる」
気持ちや考えなどを相手に伝える。知らせる。 「来意を-・ずる」
人や物を相手方に届ける。 「鈴索を引き鳴らして謁を-・じ/舞姫 鷗外」 「音信ヲ-・ズル/日葡」
心をかよわせる。 「…とよしみを-・ずる」 「…と気脈を-・ずる」
(「…を通じて」の形で)
あるものを経由する。また、仲介の手段とする。 「秘書を-・じて面会を乞う」
物事が全体に行きわたる。 「四季を-・じて暖かい」 「生涯を-・じて守りぬいた信念」
[慣用] 有無うむ相- ・気脈を- ・刺を- ・情を- / 一念天に通ず ・款かんを通ず ・窮すれば通ず

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通ずるの関連キーワード相通ずる怨ずる行ずる吟ずる訓ずる煎ずる詮ずる難ずる焙ずる展ずる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通ずるの関連情報