通ずる(読み)ツウズル

デジタル大辞泉の解説

つう・ずる【通ずる】

[動サ変][文]つう・ず[サ変]
道筋が他とつながる。また、道筋をつける。
㋐道路などがある所まで達する。また、交通機関が通る。「国道へ―・ずる道」「駅までバスが―・ずる」
㋑何かを伝って到達する。また、届かせる。「電話が―・ずる」「電流を―・ずる」
㋒大小便が出る。
「厠で恐しく―・じたり吐いたりしたが」〈滝井・無限抱擁〉
意志やものの意味などが相手に伝わる。また、伝える。「冗談が―・じない」「気脈を―・ずる」
ある物事の詳しい知識をもつ。精通する。「内情に―・ずる」
広く行き渡る。広い方面に通用する。「あだ名で―・ずる」「現代にも―・ずる問題」
相手とつながりをもつ。また、つながりをつける。
㋐ひそかに敵方と連絡する。内通する。「敵に―・ずる」
㋑異性と関係をもつ。「人妻と―・ずる」「情を―・ずる」
(「…を通じて」の形で)
㋐全体に及ぼす。包括する。「一年を―・じて暖かい」「全国を―・じて流行する」
㋑媒介とする。「友人を―・じて知り合う」「テレビを―・じて訴える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうずる【通ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 つう・ず
(自動詞)
ある道筋を経由して、一方から他方に達する。
道などが、ある場所へ至る。 「都へ-・ずる道」
交通・通信ができる状態になる。 「奥地まで鉄道が-・ずる」 「電話が-・じない」
道筋にさまたげとなるものがない状態になる。道筋が開ける。 「電流が-・ずる」
気持ちや言葉などが相手に伝わって理解される。 「誠意が-・ずる」 「英語が-・じない国」 「洒落の-・じない人」
双方のいずれにもつながる。共通する。また、物事一般にあてはまる。通用する。 「彼とは一脈-・ずるところがある」 「現代にも-・ずる問題」
深く知っている。精通する。 「内部の事情に-・ずる」
ひそかに交わりをもつ。
敵とつながりをもつ。内通する。 「敵と-・ずる」
男女が肉体関係を持つ。
通る。かよう。 「息は鼻より-・ずべし/正法眼蔵」
大小便が出る。 〔日葡〕
(他動詞)
一方から他方へ至らせる。 「海岸沿いに道を-・ずる」 「電流を-・ずる」
気持ちや考えなどを相手に伝える。知らせる。 「来意を-・ずる」
人や物を相手方に届ける。 「鈴索を引き鳴らして謁を-・じ/舞姫 鷗外」 「音信ヲ-・ズル/日葡」
心をかよわせる。 「…とよしみを-・ずる」 「…と気脈を-・ずる」
(「…を通じて」の形で)
あるものを経由する。また、仲介の手段とする。 「秘書を-・じて面会を乞う」
物事が全体に行きわたる。 「四季を-・じて暖かい」 「生涯を-・じて守りぬいた信念」
[慣用] 有無うむ相- ・ 気脈を- ・ を- ・ 情を-一念天に通ず ・ かんを通ず ・ 窮すれば通ず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通ずるの関連情報