コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連合政権 れんごうせいけん coalition government

4件 の用語解説(連合政権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連合政権
れんごうせいけん
coalition government

2つ以上の政党が一定の政策協定を基礎に共同で政局運営を担当する政権パターン。連合パートナーの数と相対的規模,政策距離,運動の方向,イデオロギーへの感情移入度などの要素が複雑に絡んでくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れんごうせいけん【連合政権】

議院内閣制の下で,単一の政党が政権を担う〈単独政権〉に対比して,複数の政党が協力して担当する政権をいう。複数の政党によって内閣が組織される〈連立政権coalition government〉とほぼ同義であるが,連合政権のほうがやや広義で,政策協定を基礎に閣外協力関係にある政党の支持によって維持される少数派政権が含まれる場合もある。連合形成政党の組合せによって,〈大連合(大連立)〉と〈小連合(小連立)〉に区別され,主要政党間の連合を〈大連合〉,一主要政党と小政党の間の連合を〈小連合〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れんごうせいけん【連合政権】

複数の政党によって成り立つ政権。ふつう連立政権(連立内閣)をさすが、一党が組閣し他党が閣外で協力する少数単独政権も含まれる。 → 連立内閣

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連合政権
れんごうせいけん

一般的には、複数の政党の連合によって議会内に形成される多数派のうえに成り立つ連立内閣(連立政権)と同義であるが、日本では、やや広義に、政策協定に基づいて閣外協力関係にたつ他政党の支持を受けて成立する少数派政権、さらには議会外の多様な運動の広範な連合のうえに構想される政権を含める用法で、1970年代から1980年代にかけて広く用いられた。このような用法での連合政権論がわが国で盛んに唱えられたのは、五五年体制の崩壊期に、野党各党が、自民党長期単独政権にとってかわる政権のあり方を模索するなかで、相次いで独自の連合政権構想を提起したことによる。とくに注目を集めたのは、1979年12月と翌1980年1月にそれぞれ公にされた公明・民社両党の「中道連合政権構想」と社会・公明両党の「連合政権についての合意」であり、いずれも自民・共産両党抜きの連合政権構想であるところに特色があった。その後、1993年(平成5)7月の総選挙で自民党の議席が過半数を下回った結果、7党・1会派(新生党日本新党新党さきがけ日本社会党公明党民社党社会民主連合民主改革連合)による、細川護熙(もりひろ)を首班とした連合政権が発足した。以後、羽田孜(はたつとむ)内閣、村山富市(とみいち)内閣、橋本龍太郎内閣と連合政権が続いた。1996年11月発足の第二次橋本内閣は自民党単独政権であったが、社会民主党(旧日本社会党)、新党さきがけの閣外協力による広義の連合政権であった。橋本内閣の後を受けた小渕恵三(けいぞう)内閣も自民党、自由党の連合政権であり、第二次小渕内閣は、それに公明党を加えた連合政権、森喜朗(もりよしろう)内閣と小泉純一郎内閣は自民党、公明党、保守党の連合政権で、1993年以後、連合政権が主流になっている。なお、保守党は2002年解党、同党の一部議員による保守新党が発足し連合政権(小泉内閣)に加わった。2003年第二次小泉内閣では保守新党は自民党との合併により解党し、内閣は自民党、公明党の連合政権となった。
 一般的には連合政権は、現代の価値観の多様化を背景とする多党型政治にむしろ不可避であり、また多元的利益の調整・統合方式として効果的であるが、他面で次のような難点を免れない。(1)連合政党間に合意のない政策が棚上げされる結果、政策課題への取り組みが消極化する。(2)各連合政党内と連合政党間の二段階の調整の必要が政治の非能率化を招く。(3)連合政党間における政治的責任の所在があいまい化する。(4)連合内の小政党がキャスティング・ボートを握り、不均衡的に大きな政治的影響力を振るいがちである。[内田 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連合政権の関連キーワード院内総務政党政治政党内閣単独内閣少数与党責任内閣制ハングパーラメント連立政権オルレアン議院内閣制政党内閣制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連合政権の関連情報