連続企業爆破事件(読み)れんぞくきぎょうばくはじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1974年(昭和49)後半から翌75年前半にかけ11か所で相次いで発生した企業爆破事件。74年8月30日、三菱(みつびし)重工本社が爆破され、通行人8名が死亡、359名が重軽傷を負ったのを皮切りに、三井物産本社(10月14日)、帝人中央研究所(11月25日)、大成建設本社(12月10日)などが次々爆破され、多数の負傷者を出した。犯行は「東アジア反日武装戦線」によるもので、日本の大企業東南アジアへの経済侵略に反対したものであった。彼らは爆弾教典「腹腹時計」を教本に手製爆弾を製造し、天皇特別列車爆破も計画されていたといわれる。75年5月、警視庁は佐々木規夫、大道寺将司ら8名を一斉逮捕(1名は逮捕直後に自殺)、2名を全国に指名手配した。起訴された7名のうち、クアラルンプール事件(75年8月)と日航機ハイジャック事件(77年9月)による「超法規的処置」により、佐々木ら3名が釈放され海外に逃亡、残りの4被告に対し79年11月、東京地裁は死刑2名(大道寺将司と片岡利明)、無期懲役1名、懲役8年1名の判決を下した。82年10月東京高裁は被告側の控訴を棄却、87年3月最高裁は上告を棄却して、判決が確定。

[小田部雄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連続企業爆破事件の関連情報