コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運上所 うんじょうしょ

4件 の用語解説(運上所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運上所
うんじょうしょ

江戸時代,運上上納を扱った役所。運上方ともいう。とりわけ幕末から明治初年に幕府,次いで大蔵省が各開港場において輸出入貨物の取締りや関税の徴収などにあたった。現在の税関にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うんじょう‐しょ〔ウンジヤウ‐〕【運上所】

江戸末期から明治にかけて、各地の開港場で、輸出入品の監督、関税の徴収などを取り扱った役所。現在の税関にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うんじょうしょ【運上所】

江戸時代、運上をつかさどった役所。
幕末から明治初年にかけて、輸出入貨物の取り締まりや関税の徴収を行なった開港場の役所。今日の税関の前身。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運上所
うんじょうしょ

幕末から明治初年に開港、開市場に設置された貿易取締り、関税徴収を担当した官庁。安政五か国条約の締結後、神奈川、長崎、箱館(はこだて)に設置され、維新後、兵庫、大阪にも置かれた。明治の初め外国事務局、外国官、外務省に属したが、1871年(明治4)8月に大蔵省に移管され、租税寮の管轄となった。やがて神奈川運上所は横浜税関ともいわれるなど、各港の運上所の名称がまちまちになったため、1872年11月、税関にすべて改称、統一された。[藤村道生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の運上所の言及

【税関】より

…関税に関する基本的な法制としては,関税の賦課・徴収および輸出入貨物の通関に関する制度・手続等を定めた関税法,課税価格の決定の方法および課税物件ごとの具体的な適用税率を定めた関税定率法および関税暫定措置法がある。 税関の歴史を見ると,鎖国政策下の江戸時代においては長崎の出島が日本と外国を結ぶただ一つの港であったが,嘉永7年(1854)の日米和親条約を皮切りに,安政5年(1858)の安政五ヵ国条約等により,箱館(のち函館),長崎,横浜などが相ついで貿易港として開港され,関税事務,外務事務を取り扱う〈運上所〉が設けられた。これが税関の前身である。…

※「運上所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

運上所の関連キーワードあいびき/江戸の女たち侍よさらば/江戸・明治元年桜江〈町〉江川町江木町江島町江洲江西町江里町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運上所の関連情報