コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運上所 うんじょうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運上所
うんじょうしょ

江戸時代,運上上納を扱った役所運上方ともいう。とりわけ幕末から明治初年に幕府,次いで大蔵省が各開港場において輸出入貨物の取締り関税徴収などにあたった。現在の税関にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うんじょう‐しょ〔ウンジヤウ‐〕【運上所】

江戸末期から明治にかけて、各地の開港場で、輸出入品の監督関税の徴収などを取り扱った役所。現在の税関にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんじょうしょ【運上所】

江戸時代、運上をつかさどった役所。
幕末から明治初年にかけて、輸出入貨物の取り締まりや関税の徴収を行なった開港場の役所。今日の税関の前身。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運上所
うんじょうしょ

幕末から明治初年に開港、開市場に設置された貿易取締り、関税徴収を担当した官庁。安政五か国条約の締結後、神奈川、長崎、箱館(はこだて)に設置され、維新後、兵庫、大阪にも置かれた。明治の初め外国事務局、外国官、外務省に属したが、1871年(明治4)8月に大蔵省に移管され、租税寮の管轄となった。やがて神奈川運上所は横浜税関ともいわれるなど、各港の運上所の名称がまちまちになったため、1872年11月、税関にすべて改称、統一された。[藤村道生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の運上所の言及

【税関】より

…関税に関する基本的な法制としては,関税の賦課・徴収および輸出入貨物の通関に関する制度・手続等を定めた関税法,課税価格の決定の方法および課税物件ごとの具体的な適用税率を定めた関税定率法および関税暫定措置法がある。 税関の歴史を見ると,鎖国政策下の江戸時代においては長崎の出島が日本と外国を結ぶただ一つの港であったが,嘉永7年(1854)の日米和親条約を皮切りに,安政5年(1858)の安政五ヵ国条約等により,箱館(のち函館),長崎,横浜などが相ついで貿易港として開港され,関税事務,外務事務を取り扱う〈運上所〉が設けられた。これが税関の前身である。…

※「運上所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

運上所の関連キーワード神奈川県横浜市中区日本大通長野 桂次郎上組[株]築地居留地神奈川奉行神戸(市)兵庫(県)横浜(市)税関記念日旧新潟税関江戸時代藤村道生ブレーク土居通夫横浜港安治川密貿易大阪港波止場前身

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運上所の関連情報